タグ:兵器 ( 6 ) タグの人気記事


2007年 05月 14日

ニュース備忘録070514

聯合:食用肉の抗生物質検出、基準値違反率は日本の8倍
【ソウル14日聯合】
牛や豚、鶏から基準値以上の抗生物質が検出される頻度が、韓国は日本の8倍に達することが14日、分かった。

国立獣医科学検疫院が、昨年、牛・豚・鶏合わせて14万666匹の食肉に対し食用処理直後の有害物質の残留有無を検査した結果を明らかにした。

 調査結果によると、全体の0.26%に当たる364頭からクロルテトラサイクリン、スルファジミジンなどさまざまな抗生物質が基準値を超えて検出された。

個体数が多い鶏を除き、昨年食用処理された牛と豚は合計1363万頭で、単純計算するとこのうち3万5000頭余りが抗生物質過多の状態で処理されたことになる。

こうした基準値違反率は2000年が0.11%、2001年が0.17%、2002年が0.14%、2003年が0.20%、2004年と2005年がそれぞれ0.25%と上昇を続けている。

2004年には日本の基準値違反率0.03%の8倍に達し、豪州の0.19%も上回る水準となった。ただ、米国(0.93%)や英国(1.12%)に比べると低い。

 抗生物質を含んだ肉類を摂取し続けると、抗生物質に対する耐性が高まり、国民の健康管理に大きな脅威となりかねないことから、農林部や検査院は検査部位を拡大するなど規制強化を急いでいる。


なにもそこまで中国に事大しなくても・・・

読売:無人の潜水艇・水上艇を開発へ…特殊部隊対策で防衛省
 防衛省は、海中から侵入しようとする特殊部隊や艦艇への自爆テロによる攻撃を阻止するため、無人潜水艇(UUV)と無人水上艇(USV)の開発に向け技術研究に着手する。

 2008年度予算の概算要求に約26億円を計上する予定だ。研究期間は6年、研究経費は総額60億円規模となる見通しだ。

 防衛省の構想では、無人水上艇と無人潜水艇をネットワーク化し、武装工作船の追跡、機雷の捜索・除去、海底調査のほか、島しょ部侵略や港湾・沿岸でのゲリラや特殊部隊の侵入監視などに活用したい考えだ。無人化によって危険を回避し、より効果的な任務遂行が期待されている。

 研究対象は、水中通信技術や自立航走制御技術などで、13年度までに運用実証実験を終える予定。その後、海上自衛隊への配備を目指している。

 無人潜水艇に関しては、遠隔操作する機雷処分具「S―7」が海上自衛隊に配備されている。今回の研究では、能力を大きく向上させ、水中で自立航行し、各種センサーにより、目的の識別、判断、攻撃ができる「ロボット」的な能力を備えた開発を目指している。


空に続いて海ですか、また隣近所が騒ぎ出しますな。

聯合:日本、ミサイル迎撃用レーザー兵器開発計画に着手
 日本の防衛省が来年からミサイル迎撃用の高出力レーザー兵器の研究開発に着手すると毎日新聞が13日付で報じた。

 これは北朝鮮によるミサイル発射実験や核実験などで日本上空での脅威が高まる中、日本の防空能力を強化するためのものと同紙は説明した。

 まずは日本本土の防衛に直結する地上配置型レーザー兵器の研究開発に力を入れ、その後は航空機に搭載可能なレーザー兵器(ABL)の開発へと研究を進める方針だ。

 日本は現在地上配置型PAC3ミサイルとイージス艦に搭載されたSM3ミサイルなど2種類のミサイル迎撃体制を備えている。
中でもPAC3ミサイルは敵が発射したミサイルが大気圏内に入ってから目標に到達するまでに、SM3は大気圏の外からミサイルを迎撃するとされているが、
今回研究に着手するレーザーは敵のミサイルが発射された直後から迎撃することを目標として米国が開発中のものだ。

 ミサイル迎撃のためのレーザー兵器機開発について日本はこれまでミサイル発射国の上空で迎撃するのは領空侵犯にあたらないか、また敵のミサイルが日本を目標としたものと明らかになる前に迎撃するのは憲法で禁じられている集団的自衛権の行使にあたらないかなどの問題で慎重な立場を示してきた。

 しかし今月1日の安全保障協議委員会(2プラス2)で米国が日本にミサイル防衛(MD)分野での協力強化のためにABL開発に対する協力を要請したことや、昨年7月の北朝鮮によるミサイル実験以降脅威が顕在化しているとの判断により慎重な立場を転換させる方針に転じたと同紙は報じた。


効果はあるけど日本が使うとなると法律上でどうなるかなぁ、発射準備の情報入手ができなければ年がら年中飛ばしてなきゃならん。
何れにせよ先の話なので、これは、研究開発で荷物背負わされたんじゃないだろか?


NHK:共産 参院選に向け中央委員会
共産党は、中央委員会総会を今週開き、夏の参議院選挙を安倍内閣による憲法改定を阻止するための選挙と位置づけ、比例代表で5議席、選挙区で1議席以上の確保の目標に向け、準備作業を加速させることにしています。

共産党は、夏の参議院選挙に向け、今月17日に党本部で中央委員会総会を開くことになりました。
総会で、志位委員長は、安倍内閣について「格差を拡大するとともに、憲法9条を変えて海外で戦争をする国づくりを目指しており、美しい国どころか恐ろしい国づくりを進めている」と述べるとともに、
民主党についても「自民党と同じ流れにある」と批判することにしています。

そして、参議院選挙を憲法改定を阻止するための選挙と位置づけ、比例代表で、改選の4議席を上回る5議席を確保するとともに、選挙区では、東京選挙区での議席の維持と、3年前の選挙で議席を失った京都選挙区や大阪選挙区など6つの選挙区の議席の奪還を目指すとした目標に向け、準備作業を加速させることにしています。


どうでもいいんだけど、民主と社民は選挙前に仲良しのフリして、惨敗すると社民が文句言って責任転嫁するのがお約束。
民主と共産の場合はどんなお約束なのだろう?一緒になっての沖縄で惜敗の原因が野合にあったと見るならば社民と同じ。

でも参院選になれば↑で言ったような批判なんてどこかへ行って「野党共闘で自公と対決!」とか始まるんだろな。
んで、負けたらまた民主批判。小沢は自業自得だが、下の方は可哀想だなぁ。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-05-14 12:27 | 小ネタ / 浅読み
2007年 04月 14日

osprey

下手なSAMより怖いと思うのは気のせいだろうか?余程イラクでのヘリ撃墜に苦慮しているのだろう。
映画やゲームの小道具としては見栄えがするが、戦地での実戦使用で自分が乗る立場だったらどう思うだろう。

しかし沖縄での反対も斜め上・・・

AFP:V22オスプレイ、9月にイラク配備へ
【ワシントンD.C./米国 14日 AFP】
ベル(Bell Helicopter Textron)とボーイング(Boeing)共同開発のチルトローター機V22オスプレイ(V22 Osprey)が9月、イラクに配備される。

同機はヘリコプターの様な垂直方向への離着陸ができ、また通常の航空機同様に飛行することも可能となっている。これまでに約20年間の開発期間を要した。

NHK:米軍 垂直離着陸機を実戦配備
アメリカ軍は従来の輸送ヘリコプターに代わるものとして開発し、沖縄への配備も計画している最新型の垂直離着陸機を初めて実戦配備することを決め、ことし9月にイラクに派遣すると発表しました

実戦配備が決まったのは、主翼についている双発のプロペラエンジンの角度を変えることで垂直に離着陸ができる「MV22オスプレイ」です。
アメリカ海兵隊が従来の輸送ヘリコプターに代わる主力機として開発を進めてきましたが、墜落事故などが相次ぎ、導入が遅れていました。

アメリカ海兵隊のカステロー副総司令官は13日、国防総省で記者会見し、
安全性が確認された として、
ことし9月に初めて、MV22オスプレイの飛行中隊をイラク西部に派遣すると発表しました。
そして、従来のヘリコプターの2倍の速度で飛行し、機動性に優れていることなどを指摘して、イラクで相次いでいるヘリコプターへの攻撃を回避しやすくなるとの自信を示しました。

MV22オスプレイをめぐって、アメリカ軍は、早ければ6年後にも沖縄に配備する計画を明らかにしています。
今回の実戦配備でアメリカ軍への導入に弾みがつくことになれば、沖縄への配備も現実味を帯びることになり、沖縄県内では、基地の機能強化につながるとの反発や安全性への不安の声が強まることが予想されます

iza:垂直離着陸の米新型輸送機、初の実戦配備へ イラクで
 米海兵隊のコンウェー司令官(大将)は13日、垂直離着陸が可能な次世代兵員輸送機MV22オスプレー10機を、9月にイラクへ派遣すると発表した。
事故が相次ぎ開発が遅れていた同機の初の実戦配備となる。
 国防総省で記者会見したキャストロー中将は「(オスプレーを今後)どこに配置することになるかは、現在検討中」と明言を避けたが、
海兵隊はオスプレーを2014年から16年の間に、沖縄に配備する意向を示している。

 海兵隊が現在使用するヘリコプターのうち、CH46とCH53Dは18年までにすべて退役し、オスプレーが後継機になる。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)には平時、CH46が20数機展開している。
 イラクに派遣されるのは、米南部ノースカロライナ州の基地を拠点にオスプレーの訓練を実施している第263飛行隊で、派遣期間は7カ月。
同飛行隊のロック司令官は「イラクまで飛行するのか、船で輸送するかは未定」と述べ、派遣途中に沖縄などに立ち寄るかについて言及しなかった。(共同)

[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-14 17:08
2007年 02月 27日

中国の生物兵器開発

21世紀初頭の世界が最も懸念しているのは、核ではなく新型インフルエンザである。
という事に異論はないと思うのだが、それを踏まえた上で以下の記事を。

Reuters.co.jp中国の研究チーム、ハトのリモコン化に成功 
 [北京 27日 ロイター] 
 中国の山東科技大学の研究チームが、
ハトの脳内に極小の電極を埋め込み、飛び方を自在にコントロールすることに成功した。
新華社が27日に伝えた。

 電極を通じて刺激を与えることで、ハトの飛ぶ向きを上下および左右の方向に制御できるという。

 新華社は「コンピューターを通じて電極に信号を送ることで脳内の別々のエリアを刺激し、こちらの指示通りに飛ぶようになる」と説明。
また主任研究員の話として、ハトを使った実験としては世界初の成功だと報じている。

 2005年にはネズミを使った同様の実験に成功している研究チームのメンバーらは、
将来的にはこの技術の実用化も視野に入れているという。

 ただ、リモコン操作できるハトの実用化が何を意味するのかについては触れられていない



幸か不幸か、日本における鳥インフルエンザ媒介渡り鳥容疑はカモ類がほとんど、
白鳥も同様に可能性は十分あるが高病原性は見つかっていなかったと思う。
これらはシベリアなどから来るので関係なさそうに思われるかもしれない。

だがしかし、ヨーロッパでの発症データからは中国西部からの渡り鳥が原因、
また、ウィルスなど凍結乾燥してしまえばどこへでも運べる、
実際ロシアでの中国人行商人の多さは驚くほどで、正式な入国者など少数派になってしまうほど気楽に国境を越えて来る。

この中に紛れ込ませてしまえば、いくらでもロシア発で完全犯罪が行えるのである。

と言ってもこれは冗談、今のところは必要性がない。
だが研究と言うのは必要性ができてからするものではない、なので日本はもっと新型インフルエンザ発生時の対処法に力を入れるべきだと思う。

狭くて密度が高い都市圏などでは、冗談抜きに壊滅もありえるのだから。

そして新型インフルエンザの登場は、可能性の問題ではなく確実に起こる話であり、時間の問題なのである。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-02-27 22:43 | 半島・大陸・島
2007年 02月 07日

中国、衛星『妨害』兵器実用化

中国の「衛星破壊兵器の実態は、直撃による破壊じゃなくて「デブリ」による活動妨害が狙いなのだろうか?
だとしたら既に実験ではなく「実用兵器」となっているわけだが。

中国破壊衛星の破片、「だいち」軌道に接近
 中国が1月に実施した人工衛星の破壊実験で発生した破片(デブリ)の軌道が、昨年打ち上げられた宇宙航空研究開発機構の地球観測衛星「だいち」の軌道に南極上空で約1.4キロまで接近していることが、九州大の平山寛助手(宇宙工学)の解析でわかった。南極上空に同時期に来ない限り衝突の危険は少ないが、デブリの軌道は刻々と変化しており、宇宙機構も監視を強めている。


More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-02-07 01:23 | 半島・大陸・島
2007年 01月 19日

中国、「キラー衛星」の実験を宇宙空間で実施?

中国が衛星兵器を試験か 米、強い懸念表明
米国家安全保障会議(NSC)は18日、中国が地球をまわる軌道上にある衛星を破壊する兵器の実験を宇宙空間で行ったことを明らかにした。実験は先週行われたとされる。米側では、宇宙防衛で緊密な関係にあるカナダ、オーストラリアの立場を踏まえ、中国の実験に強い懸念を表明した。


(14:07 予想通りと言うか何と言うか、やはり基本的な勘違いがあったようなので加筆)

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-01-19 04:44 | 半島・大陸・島
2006年 09月 15日

大きい陸で大陸、半分だけ島で半島、そのまた半分だと四半島?

中国が兵器供給源と批判 対イラン、北朝鮮で米高官

中国製ミサイルがヒズボラに=北・イランなど懸念国に拡散-米高官

米高官“中国は兵器を拡散”

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2006-09-15 13:24 | 半島・大陸・島