タグ:アメリカ ( 12 ) タグの人気記事


2007年 07月 29日

NHKの出オチがツボにはまった

中身はどうでもいいし、少し間を置いて考えれば理解できる。
が、見出しに「~の」がなければ何を想像する?


NHKニュース米副大統領 電池交換で手術へ
アメリカのチェイニー副大統領は、心臓発作を抑えるために体内に埋め込んでいるペースメーカーの電池が交換の時期を迎えたため、28日、首都ワシントンの病院で取り替えのための手術を受けることになりました。


東スポの域も近い(もう一歩進めるなら「~で手術へ」は切るべきだ。嘘にはならないのだから)
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-07-29 01:30 | 小ネタ / 浅読み
2007年 06月 02日

ニュース備忘録070602

バートレット大統領顧問が辞意を表明
【6月2日 AFP】
ホワイトハウス(White House)は1日、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領の側近の1人、
ダニエル・バートレット(Dan Bartlett)大統領顧問が一身上の都合により辞意を表明したと発表した。

 バートレット氏は全面的な戦略的通信計画および政策立案を担当
ダナ・ペリノ(Dana Perino)大統領副報道官によると、同氏は7月4日に辞任する予定。

(以下略)

イラク駐留米軍、反政府勢力との停戦協議を示唆
【6月2日 AFP】
イラク駐留米軍ナンバー2のRaymond Odierno中将は5月31日、反政府勢力による米軍とイラク軍への攻撃軽減策の一環として、

一部の同勢力と停戦について協議していることを明らかにした。

 同中将はイラクからのテレビ会議で記者団に対し、「反政府勢力の一部は我々に接触を図っており、我々もそれに応えたい」と語り、

「我々は停戦について話し合っており、イラク軍や多国籍軍への攻撃作戦を行わないとの協定を結べるかも知れない」と続けた。

(中略)
 さらに中将は、米軍とイラク軍による反政府勢力掃討作戦で、「最初の成功」を収めたアンバル(Anbar)州における、民族グループを始めとする組織や、スンニ(Sunni)、シーア(Shia)両派の反政府勢力との協定締結の可能性を見いだしていることにも言及した。

追加
時事:半永久的なイラク駐留模索=「在韓」型モデル、地位協定締結も-米
【ワシントン2日時事】
米政府は2日までに、中東安全保障の長期戦略として、イラクに一定規模の米軍部隊を半永久的に駐留させる方向で検討に入った。

1953年の朝鮮戦争休戦から50年以上駐留を続けている在韓米軍をモデルとし、
イラク政府との間で駐留軍の法的地位に関する協定を締結したい考えだ。
対テロ戦争の兵力維持やイランに対する抑止力強化が狙いとみられる。

戦略的にはありえるしガチなら今後の対応に影響が出るが、ネタ元が不明なのであまりにも胡散臭い。

以下、国連(UNDP関連)

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-06-02 14:53
2007年 05月 22日

ニュース備忘録070522(お約束)

こう何度も繰り返されると、タイミングを計ってわざとやっているとしか思えないんだが。

米国は米朝国交正常化の方針立てている、李元首相
2007/05/21 20:08 KST【済州21日聯合】
李海チャン(イ・ヘチャン)元首相は21日、米国は北朝鮮との国交を正常化する方針を立てていると述べた。

第1回済州国際化アカデミーに出席し、朝鮮半島平和と済州特別自治道の未来をテーマに講演したもの。ブッシュ大統領の任期内に正常化させるという意志が確実に見えていると主張した。

 李元首相は、バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮資金の引き出し、寧辺核施設の閉鎖、核不能化交渉締結が完了すれば、米朝国交正常化は可能だとし、その後は韓国、日本との国交も実現できると見通した。

また、現在は20世紀の対立構造から21世紀の平和共存体制に転換する重要な時期だと述べ、北朝鮮核問題解決後、韓米日と北朝鮮との国交正常化が北東アジアに平和体制をもたらせば、済州島が「竜の頭」のような存在になると述べた。

米国務省、北朝鮮をテロ防止努力非協力国に指定
2007/05/22 08:07 KST【ワシントン21日聯合】
米国務省は北朝鮮を武器輸出統制法にともなうテロ防止努力非協力国に指定したことを官報を通じ発表した。
同法第40条A項によるテロ防止努力非協力国には北朝鮮のほか、イラン、シリア、ベネズエラ、キューバがともに指定された。

 米国務省は毎年、テロ支援国リストとは別に武器輸出統制法によるテロ防止努力非協力国を指定しており、北朝鮮はこの数年間連続して指定されている。
これに先立ち、先月30日に発表された2006年度テロ報告書で北朝鮮は、キューバ、シリア、スーダンとともにテロ支援国に指定されている。

米、北韓を対テロ非協力国に再指定
アメリカ国務省は北韓に対して武器輸出統制法にもとづくテロ防止に向けた努力に非協力的な国に再び指定しました。

国務省は毎年、テロ支援国のリストとは別に、武器輸出統制法にもとづいてテロを防ぐための努力に協力しない国を発表しており、
ネグロポンテ副長官は21日、「今年は北韓、イラン、シリア、キューバ、ベネズエラが指定され、今月14日から効力を持つ」と発表しました。

アメリカの政界では最近の米朝間の接触などアメリカの北韓に対する融和政策の一つとして、北韓をテロ支援国から外すことはできなかったものの、テロ防止に向けた努力に非協力的な国のリストからは外す可能性があるとされていました。

これについては、アメリカの努力にもかかわらず、マカオの銀行にある北韓関連資金の送金がうまくいかないことや、2月の6カ国協議での合意内容が履行されないことから、アメリカ政府内で保守派の主張が再び強まる兆しだとみる意見と、
テロ支援国に指定されれば、テロ防止に向けた努力に非協力的な国にも指定されるので、大きな意味はないという見解に分かれています。


いいんですよ、別に大きな意味がなくても(その割に韓国は騒いでますがね)。
でもね、普通国交正常化を方針として決めている国はこんな決定しないのでは?相手の気分を害するだけで実効性はないんだしね。

もちろん先の事がどうなるかなんてあたしにゃわかりませんよ。
だから希望や願望は分けて語り、事実としてあるものは事実としてんですけどね。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-05-22 18:32 | 半島・大陸・島
2007年 05月 06日

ちょっと古い記事を保存

ちなみに、昨日も漢字はやっておりんす。
計80問、ある日の分だけがやけに書けるのでおかしいなと思ったら、前の日にやったトコだった。
(それでさえ二つが書けなかった)
で、それを除いた60問で、正解32・・・やる度に下がっていくんですが。
二文字両方書けないのは少ないんだがなぁ


で、以下は打ちっぱなしでその後がない話。飛ばしだったり意図的リークだったり誘導だったり。

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-05-06 11:41
2007年 04月 27日

ニュース備忘録(明けて)070427

AFP:米軍捕虜収容所司令官、「利敵行為」容疑で憲兵隊が逮捕 - イラク
【バグダッド/イラク 26日 AFP】
駐イラク米軍の捕虜収容所の司令官・ウィリアム・スティール(William Steele)中佐が、米軍憲兵隊に逮捕された。
「利敵行為」を含む複数の容疑で現在、取り調べを受けている。米軍報道官が26日に発表した。

 スティール中佐は、逮捕前まで司令官を務めていたバグダッド郊外の捕虜収容施設「Camp Cropper」で、

監視下にない携帯電話を被収容者に渡して敵方を支援した 容疑と、

施設内の捕虜の娘と交際した容疑 」で起訴されている。

 「Camp Cropper」は捕虜のなかでも重要な人物を収容する施設で、
2006年12月30日に処刑されたサダム・フセイン前大統領も収容されていた。

 米軍のジョスリン・アバール(Josslyn Aberle)中佐の発表によると、「スティール中佐は現在、クウェートで監禁されている」という。
統一軍事司法法典第32条の”審査規定”に基づく聴聞を行った上で、十分な証拠があれば「軍高官らによる委員会が軍法会議を召集する」

 スティール中佐はさらに、

機密情報の不法所持、

イラク人の女性通訳との不適切な関係の維持、


命令服従違反、

ポルノ画像の所持 などの容疑がかけられている。

起訴状では

「資金の出費に関する承認を受ける義務を故意に怠った」容疑 も含まれている。


安全なところにいる連中は意外と余裕あるんじゃまいか?
(先の見えない負け戦の中で規律の乱れが来るところまで来たという感じだが)

つーか、 軍の名前を利用して弱い立場にある捕虜の娘と関係を持つのは

暗黙の強制で「性奴隷」にしたってことじゃないのかに?

米軍による


せめて代金は払ったんだろななんつって~ ( -∀-)y─┛~~


reuters:攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官
 [テヘラン 26日 ロイター]
 国営イラン通信によると、イランのゾリカドル内務次官は26日、

核問題をめぐって同国が攻撃を受ければ、

世界各国にある米国の関連機関とイスラエルを攻撃する
、と述べた。


同次官は「(イランの)長距離ミサイルがあれば、米国に逃げ場はない。毎日数万発のミサイルを発射することも可能だ」と発言。

 「長距離ミサイルがあれば、米国の同盟国であるイスラエルを脅威にさらすことも可能だ」と述べた。

 西側諸国はイランが核兵器の開発を目指しているのではないかと懸念しているが、同国は、核関連活動は発電目的に限定されると主張している。


「北朝鮮が攻撃されたら日本と戦う」と言った韓国人を思い出した・・・
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-27 01:27 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 04月 18日

ニュース備忘録070418(070417~続)

何度目かわからなくなるほど繰り返されてきた「そんな事は言っていない」

reuters:北朝鮮、核施設稼動停止作業開始の兆候無い=米高官
 [ワシントン 17日 ロイター]
 米政府高官は17日、一部のメディア報道に反して、北朝鮮が6カ国協議で合意した寧辺の核関連施設の稼動停止作業を開始した兆候は見られないと述べた。
同高官は匿名を条件に、

アジアのメディア報道は正確ではない。
現時点で、北朝鮮が60日以内に行動を取るという合意事項を履行していると確信できる動きは一切見られない」と語った。


AFP:核施設停止について、いまだに連絡なし - 米国
【ワシントンD.C./米国 18日 AFP】
国務省のショーン・マコーマック(Sean McCormack)報道官は17日、
6か国協議の合意事項となっている核施設停止について、北朝鮮からいまだに連絡を受けていないことを明らかにした。

 前日にスパイ衛星がとらえた寧辺(ニョンビョン、Yongbyon)の原子炉での停止準備作業と見られる動きについてはコメントを控えた。

「2月13日の合意に基づく寧辺の原子炉の停止、封印について北朝鮮から公式な連絡は受け取っていないし、機密事項に関してはそれ以上コメントできない」と述べた。


読売:「北朝鮮が核停止準備?」韓国紙報道を米政府が否定
 【ワシントン=坂元隆】
北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)の核施設周辺で施設の稼働停止・封印の準備作業ともみられる人や車両の動きを見せているとの韓国紙報道について、
米国務省のマコーマック報道官は17日の記者会見で、「北朝鮮からの(核停止に関する)公式な通知は一切ない」と述べた。

 また、ロイター通信が同日報じたところによると、
米政府高官は「報道は不正確だ。北朝鮮の側に動きはない」と述べ、
北朝鮮が核施設の停止・封印を始めた兆候は確認できないと指摘した。

この高官は、北朝鮮が核施設停止などの措置の前提としていたマカオの銀行にある北朝鮮関連資金の制裁凍結が解除されたにもかかわらず、北朝鮮が資金を引き出していないことに対し、「我々は当惑している」と語った。


聯合ニュース:原子炉閉鎖の連絡は受けていない、米国務省報道官
【ワシントン17日聯合】
米国は17日、北朝鮮が6カ国協議の合意に基づき寧辺の原子炉閉鎖に向けた措置を取っているとの正式な連絡は受けていないと明らかにした。

AP通信が報じたもので、米国務省のマコーマック報道官が、
寧辺の原子炉閉鎖に向けた準備作業に着手したとみられる動きがあるとの韓国メディアの報道についての質問に答えた。
米国の情報機関が原子炉で何らかの動きをとらえた可能性については論評を拒否した。

 マコーマック報道官はまた、マカオで凍結されていた北朝鮮の資金の送金が技術的な問題により遅れていることと関連し、
北朝鮮が原子炉閉鎖の約束を履行するうえでもう少し時間を与える用意があるとし、柔軟性を持って取り組んでいるとの姿勢を示した。
ただ、米国の忍耐がどれだけ続くかについては具体的に言及しなかった。


他人事のように言っているが、聯合も中央も東亜も当事者であるのを無視しているのはお約束。
まぁそれが通常なのだから仕方がない、他で多少はいいネタもある(と思う)。

聯合:資金引き出さない北朝鮮、違法行為の発覚懸念か
【ソウル18日聯合】
北朝鮮がマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の口座凍結が解除されたにもかかわらず資金の引き出しを遅らせているのは、
違法行為につながる口座の預金主が明らかになることを恐れているためとする米専門家の見解が出た。

 米社会科学研究評議会(SSRC)の朝鮮半島専門家、レオン・シーガル博士が自由アジア放送との会見で述べたもの。
シーガル博士は「口座の持ち主がだれなのかが問題を困難にしているのかもしれない」とした上で、
北朝鮮の違法活動に使われた口座があるはずだが、ここから資金を引き出した場合には口座の持ち主が明らかになると指摘した。

 一方、北朝鮮の違法活動に対する調査実務チームを率いたデビッド・アッシャー前米国務省東アジア担当専任諮問官は、
「北朝鮮の資金と確認されたBDAの資金のうち少なくとも半分は違法行為と関連したもの」とし、
この資金を引き出すことで司法当局に証拠を押さえられる可能性があることから、犯罪行為に加担した人物が表に出ないようするだろうと述べている。

その上で、米国は凍結された資金を解除したものの、違法行為に対する免罪符を与えたわけではないとし、
違法行為に直接・間接的にかかわった口座の持ち主はBDAの資金を当面はそのまま置いておき、状況を見守る可能性が高いと分析している。


答えは一つではないので、↑のような分析が的を射ている部分もあるだろう。
金額的には、いくらビンボな北にとっても屁のようなもの。

アメリカの譲歩ばかりがクローズアップされているが、JDAMよりも正確に相手の痛点をヒットしたという事実を忘れてはいけないと思いまする。
そして巻き添えは・・・

朝鮮日報:開城工団、北朝鮮の賃上げ要求で悲鳴
 開城工業団地が試練に立たされている。
北朝鮮側が無理な要求を提示し、先行きが不透明になっているのだ。

北朝鮮は昨年末、北朝鮮の労働者に対し学歴による段階的賃金を支払うよう、韓国側に提案した。
関係者によると、職種により違いがあるものの、高卒の労働者を基準に、大卒なら30%、短期大学卒業者は10%賃金を上げるよう要求しているとのことだ。
昨年の工団労働者の平均月給は、残業手当などを含めると約67ドル(約7970円)だった。


 今回の要求は「北朝鮮式請負制」の一部分だ。請負制とは労働者の資格に基づき賃金を策定するもので、企業または個人の成果により賃金に差をつけて支給する市場経済の「インセンティブ制度」とは別だ。

 しかし、企業側はこの要求について「開城工団の実情とは違っている」と訴える。
関係者は「開城工団の仕事はほとんどが単純労働なので、高学歴だからといって生産性が向上するものではない」と説明している。

現在、開城工団で働く北朝鮮の労働者のうち、大学・短期大学を卒業したのは各10%前後。
政府関係者は「この制度をそのまま導入すれば4-10%程度、賃金が上昇すると企業側は考えている」としている。

 韓国政府は北朝鮮側と話し合いたいとの意向を持っている。
だが、これまで南北間では労働条件・賃金基準・通関・通行・検疫といった細部事項について何一つ合意できていない。
すでに北朝鮮は、長期滞在を希望する韓国側の関係者に対し、滞在証を発行する代わりにかなり高額の手数料を要求している。

このため、滞在手数料や賃金の問題が解決したとしても、北朝鮮が再び新たな要求をしてくる可能性も考えられる。


これも元祖お約束。


忘れてた、東亜の言い訳
寧辺核施設をめぐる米朝の「ゲームの法則」

ゴチャゴチャと「米も北の撹乱に引っかかってきた」と文を連ねているが要するに、
米でさえ判断ってのは難しいものだから誤報ぐらい許せ、かと。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-18 17:03 | 半島・大陸・島
2007年 04月 14日

osprey

下手なSAMより怖いと思うのは気のせいだろうか?余程イラクでのヘリ撃墜に苦慮しているのだろう。
映画やゲームの小道具としては見栄えがするが、戦地での実戦使用で自分が乗る立場だったらどう思うだろう。

しかし沖縄での反対も斜め上・・・

AFP:V22オスプレイ、9月にイラク配備へ
【ワシントンD.C./米国 14日 AFP】
ベル(Bell Helicopter Textron)とボーイング(Boeing)共同開発のチルトローター機V22オスプレイ(V22 Osprey)が9月、イラクに配備される。

同機はヘリコプターの様な垂直方向への離着陸ができ、また通常の航空機同様に飛行することも可能となっている。これまでに約20年間の開発期間を要した。

NHK:米軍 垂直離着陸機を実戦配備
アメリカ軍は従来の輸送ヘリコプターに代わるものとして開発し、沖縄への配備も計画している最新型の垂直離着陸機を初めて実戦配備することを決め、ことし9月にイラクに派遣すると発表しました

実戦配備が決まったのは、主翼についている双発のプロペラエンジンの角度を変えることで垂直に離着陸ができる「MV22オスプレイ」です。
アメリカ海兵隊が従来の輸送ヘリコプターに代わる主力機として開発を進めてきましたが、墜落事故などが相次ぎ、導入が遅れていました。

アメリカ海兵隊のカステロー副総司令官は13日、国防総省で記者会見し、
安全性が確認された として、
ことし9月に初めて、MV22オスプレイの飛行中隊をイラク西部に派遣すると発表しました。
そして、従来のヘリコプターの2倍の速度で飛行し、機動性に優れていることなどを指摘して、イラクで相次いでいるヘリコプターへの攻撃を回避しやすくなるとの自信を示しました。

MV22オスプレイをめぐって、アメリカ軍は、早ければ6年後にも沖縄に配備する計画を明らかにしています。
今回の実戦配備でアメリカ軍への導入に弾みがつくことになれば、沖縄への配備も現実味を帯びることになり、沖縄県内では、基地の機能強化につながるとの反発や安全性への不安の声が強まることが予想されます

iza:垂直離着陸の米新型輸送機、初の実戦配備へ イラクで
 米海兵隊のコンウェー司令官(大将)は13日、垂直離着陸が可能な次世代兵員輸送機MV22オスプレー10機を、9月にイラクへ派遣すると発表した。
事故が相次ぎ開発が遅れていた同機の初の実戦配備となる。
 国防総省で記者会見したキャストロー中将は「(オスプレーを今後)どこに配置することになるかは、現在検討中」と明言を避けたが、
海兵隊はオスプレーを2014年から16年の間に、沖縄に配備する意向を示している。

 海兵隊が現在使用するヘリコプターのうち、CH46とCH53Dは18年までにすべて退役し、オスプレーが後継機になる。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)には平時、CH46が20数機展開している。
 イラクに派遣されるのは、米南部ノースカロライナ州の基地を拠点にオスプレーの訓練を実施している第263飛行隊で、派遣期間は7カ月。
同飛行隊のロック司令官は「イラクまで飛行するのか、船で輸送するかは未定」と述べ、派遣途中に沖縄などに立ち寄るかについて言及しなかった。(共同)

[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-14 17:08
2007年 02月 03日

米の政策が民主党に配慮した結果

某大陸・半島事大主義者の思惑と違った方向に行くこともあるとは十分予測されたのであるが、
目先の事しか見ない連中は「リベラル」の一言だけでマンセーする。
彼等の頭から「保護主義」という単語は消えているらしい。

米 輸出補助金で中国を提訴

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-02-03 14:54 | 小ネタ / 浅読み
2007年 01月 19日

中国、「キラー衛星」の実験を宇宙空間で実施?

中国が衛星兵器を試験か 米、強い懸念表明
米国家安全保障会議(NSC)は18日、中国が地球をまわる軌道上にある衛星を破壊する兵器の実験を宇宙空間で行ったことを明らかにした。実験は先週行われたとされる。米側では、宇宙防衛で緊密な関係にあるカナダ、オーストラリアの立場を踏まえ、中国の実験に強い懸念を表明した。


(14:07 予想通りと言うか何と言うか、やはり基本的な勘違いがあったようなので加筆)

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-01-19 04:44 | 半島・大陸・島
2006年 12月 09日

ニュース備忘録20061209

6カ国協議、16日再開へ 核放棄への成果焦点
北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議は8日、議長国中国が今月16日の次回協議開催を各国に提案したことを明らかにした。関係国から異論は出ておらず、同日開催の見通しだという。米国務省高官は「合意はまだない」とした上で、各国の同意が得られれば中国が発表すると語った。
 各国が合意すれば、6カ国協議は昨年11月以来1年1カ月ぶりの再開となる。北朝鮮が核実験を強行する中、核放棄に向けた具体的成果を得られるかが焦点となる。
 マコーマック米国務省報道官は8日の記者会見で、6カ国協議の日程について「来週ごろに再開できればという期待を依然持っている」と述べ、再開の可能性を示唆した。国務省高官も年内再開の見通しについて「少し楽観的な方向に傾きつつある」と言明。日程で合意できれば「何らかの進展が得られるという合理的な期待を、みんなが持っている」ことを意味すると述べた。


More
[PR]

by jsdf1100411 | 2006-12-09 10:01 | 半島・大陸・島