カテゴリ:【従軍】慰安婦・強制【連行】( 15 )


2007年 10月 27日

それでいいんですね半島の下半分様?

具のないサンドイッチの続き。

もう半島に関して並大抵の斜め上では驚かなくなってるのに驚いていたが、ここまで後先考えないでものを喋られると感動すら覚えてしまう。

長々と一個ずつ突っ込み入れようかと思ったけど、淡々と向こうの戯言を並べる方が判りやすいか。

まさか自分が言った言葉をそのまま返されても文句は・・・言うだろうな、思いっきり火病って。

そうですか、現政権が謝罪する必要はありませんかそうですか・・・



一応の入り口として、深みには欠けるが概要は掴んでいる
金大中事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%A4%A7%E4%B8%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(まだ文字化けさせないでリンク貼れない・・・)

注:タグを間違えたわけではない

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-10-27 02:58 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 05月 13日

【公文書】日本の憲兵が直接強制連行した証拠だそうです

それはそれは、大変重要な史料なので心して聞きましょう。

朝鮮日報:慰安婦:「日本の憲兵が強制連行」…オランダの公文書発見
記事入力 : 2007/05/12 08:14:40
 第2次世界大戦当時、日本が占領していたインドネシアで、
「日本軍の憲兵らが女性らを強制連行し、慰安所に送り売春を強要した」との供述が記されたオランダ政府の公文書が10日発見された、

と共同通信が11日報じた。

 こうした文書の発見は、旧日本軍が女性らを強制的に慰安婦として連行した事実はないとする、
いわゆる「狭義の強制性」を否認する安倍晋三首相の発言が間違ったものであったことを立証する新たな史料として注目される、

と共同通信は伝えた。

 この公文書は、戦争犯罪問題を調査しているベルリン在住の日本人ジャーナリスト
梶村太一郎 さんが新たに入手した約30点の史料の中に含まれている。
梶村 さんが新たに入手したこれらの史料は、今回初めて公開された。

 この文書には、1944年にインドネシア・マゲラン島とフローレス島で起きた集団売春強要事件に関する被害者らの宣誓証人尋問の調査内容が記されている。
なおマゲラン事件は、オランダの政府報告書で「最も悪名高い事件」と指摘されている。


ん~?何か既に文責を共同に丸投げしている気がするのは・・・気のせいなんでしょう。
そんないい加減な話で「立証」なんて言うわけがないもの。

で、共同の記事は知らないので配信されたのを探してみましょう。

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-05-13 00:56 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 04月 27日

ニュース備忘録(明けて)070427

AFP:米軍捕虜収容所司令官、「利敵行為」容疑で憲兵隊が逮捕 - イラク
【バグダッド/イラク 26日 AFP】
駐イラク米軍の捕虜収容所の司令官・ウィリアム・スティール(William Steele)中佐が、米軍憲兵隊に逮捕された。
「利敵行為」を含む複数の容疑で現在、取り調べを受けている。米軍報道官が26日に発表した。

 スティール中佐は、逮捕前まで司令官を務めていたバグダッド郊外の捕虜収容施設「Camp Cropper」で、

監視下にない携帯電話を被収容者に渡して敵方を支援した 容疑と、

施設内の捕虜の娘と交際した容疑 」で起訴されている。

 「Camp Cropper」は捕虜のなかでも重要な人物を収容する施設で、
2006年12月30日に処刑されたサダム・フセイン前大統領も収容されていた。

 米軍のジョスリン・アバール(Josslyn Aberle)中佐の発表によると、「スティール中佐は現在、クウェートで監禁されている」という。
統一軍事司法法典第32条の”審査規定”に基づく聴聞を行った上で、十分な証拠があれば「軍高官らによる委員会が軍法会議を召集する」

 スティール中佐はさらに、

機密情報の不法所持、

イラク人の女性通訳との不適切な関係の維持、


命令服従違反、

ポルノ画像の所持 などの容疑がかけられている。

起訴状では

「資金の出費に関する承認を受ける義務を故意に怠った」容疑 も含まれている。


安全なところにいる連中は意外と余裕あるんじゃまいか?
(先の見えない負け戦の中で規律の乱れが来るところまで来たという感じだが)

つーか、 軍の名前を利用して弱い立場にある捕虜の娘と関係を持つのは

暗黙の強制で「性奴隷」にしたってことじゃないのかに?

米軍による


せめて代金は払ったんだろななんつって~ ( -∀-)y─┛~~


reuters:攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官
 [テヘラン 26日 ロイター]
 国営イラン通信によると、イランのゾリカドル内務次官は26日、

核問題をめぐって同国が攻撃を受ければ、

世界各国にある米国の関連機関とイスラエルを攻撃する
、と述べた。


同次官は「(イランの)長距離ミサイルがあれば、米国に逃げ場はない。毎日数万発のミサイルを発射することも可能だ」と発言。

 「長距離ミサイルがあれば、米国の同盟国であるイスラエルを脅威にさらすことも可能だ」と述べた。

 西側諸国はイランが核兵器の開発を目指しているのではないかと懸念しているが、同国は、核関連活動は発電目的に限定されると主張している。


「北朝鮮が攻撃されたら日本と戦う」と言った韓国人を思い出した・・・
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-27 01:27 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 04月 26日

記事保存:従軍慰安婦(赤旗/東亜 動かぬ証拠?)

従軍慰安婦問題と銘打ちながら朝鮮人が登場しないのも不思議な話ではあるが、南方限定での話。
裁判に証言として証拠提出され採用されたのだから「公式資料」であるのは間違いない
問題はそこから先の話なのだが。
(何が言いたいのか読み解くのに時間がかかってしまった、期待してただけにがっくし。
まさかこれだけって事はないだろうから次回作を待つ)

赤旗:「従軍慰安婦」問題/日本軍の強制示す公文書/3点の大要(邦訳)
 林博史関東学院大学教授 は十七日、
外国特派員協会での記者会見で「従軍慰安婦」問題についての新資料七点を発表しました。
一九四六?四八年の東京裁判でオランダ、フランス、中国の検察団が提出した尋問調書や陳述書などです。
これらは、同裁判で検察陣を構成した各国の政府機関が作成し、裁判の証拠書類として採用された公文書です。
「慰安婦」が日本軍によって強制的に連行され、性行為を強要されたことを示しています

 これらの資料のうち、
(1)インドネシア駐留オランダ陸軍大尉の報告
(2)日本陸軍中尉の宣誓証言
(3)「慰安婦」を強制された女性(オランダ人)の尋問調書―の三点の大要を紹介します。
(改行したとか仮名づかいの説明略)
--------------------------------------------------------------------------------

特警隊が婦人 捕まえた
 資料(1)/オランダ印軍情報部J・N・ヘイヂブロエク陸軍大尉の報告「日本海軍占領期間中蘭領東印度西部ボルネオに於ける強制売淫行為に関する報告」(一九四六年七月五日付、インドネシア・ボルネオ島<カリマンタン>ポンティアナック)
 (PD<検察側書類番号>5330/EX<法廷証拠番号>1702)

 一九四三年の前半にポンチアナック海軍守備隊司令海軍少佐ウエスギ・ケイメイは
日本人はインドネシヤ或は中国の婦人と親密なる関係を結ぶべからずといふ命令を発しました。
当時全ての欧州婦人と事実上全ての印度系欧羅巴婦人は抑留されて居ました。

 彼は同時に公式の慰安所を設立するやう命令を出しました。
是等の性慰安所は二種に分類することになって居ました。
即ち三ヶ所は海軍職員専用、五、六ヶ所は一般人用で其の中の一ヶ所は海軍民政部の高等官用に当てられました。

 海軍職員用の性慰安所は守備隊が経営しました。司令の下に通信士官海軍大尉スガサワ・アキノリが主任として置かれ日常の事務は当直兵曹長ワタナベ・ショウジが執って居ました。

 日本人と以前から関係のあった婦人達は鉄条網の張り廻らされた是等の性慰安所に強制収容されました。
彼女等は特別な許可を得た場合に限り街に出ることができたのでした。慰安婦をやめる許可は守備隊司令から貰はねばなりませんでした。

 海軍特別警察(特警隊)が其等の性慰安所に慰安婦を絶えず補充するやうに命令を受けていました。
此の目的の為に特警隊員は街で婦人を捕へ強制的に医者の診察を受けさせた後彼等を性慰安所に入れました。是等の逮捕は主として各兵曹長によって行はれました。

 一般用の性慰安所は南洋興発株式会社支配人ナワタ・ヒサカズが経営しました。守備隊司令は民政部に命じて之を監理させました。是等の慰安所に対する婦人達も亦特警隊の尽力によって集められました。

 上記の報告は日本人戦犯者の訊問から得た報告と本件関係者の宣誓陳述とから輯録されたものであります。

 私は上記の事実は真実に上述の報告書に相違する点のない事を情報将校及日本語通訳として誓って断言致します。

抵抗運動家の娘に強要
 資料(2)/オハラ・セイダイ陸軍中尉の宣誓陳述書(一九四六年一月一三日付、インドネシア・モア島)
 (PD5591/EX1794)

 問 或る証人は貴方が婦女達を強姦しその婦人達は兵営へ連れて行かれ日本人達の用に供せられたと言ひましたがそれは本当ですか。
 答 私は兵隊達の為に娼家を一軒設け私自身も之を利用しました

 問 婦女達はその娼家に行くことを快諾しましたか。
 答 或者は快諾し或る者は快諾しませんでした。

 問 幾人女がそこに居りましたか。
 答 六人です。

 問 その女達の中幾人が娼家に入る様に強ひられましたか。
 答 五人です。

 問 どうしてそれ等の婦女たちは娼家に入る様強ひられたのですか。
 答 彼等は憲兵隊を攻撃した者の娘達でありました。

 問 ではその婦女達は父親達のした事の罰として娼家に入る様強ひられたのですね。
 答 左様です。

 問 如何程の期間その女達は娼家に入れられていましたか。
 答 八ヶ月間です。

 問 何人位この娼家を利用しましたか。
 答 二十五人です。

常に拒絶をしたが無力
 資料(3)/イエ・ベールマンの尋問調書(一九四六年五月一六日付、インドネシア・ジャワ島マゲラン)
 (PD5770/EX1725)

 私は一般被抑留者としてムテラン収容所に抑留されました。
一九四四年一月二十八日、私は吾が婦人部指導者レイツスマ夫人から日本軍俘虜収容事務所へ出頭する様にと云はれました。
此処で私は爪哇(ジャワ)人の一警視を見ました。彼は私を他の六人の婦人や少女等と一緒に連れて収容所の外側にあった警察署へ連れて行った。

 私達が爪哇人警視に案内されて収容所へ帰へって鞄に所持品を充めた後に其警視は私達を日本軍俘虜収容所事務所へ連れて行きました。
此処で私達は三人の日本人に引渡されて三台の私有自動車でマゲランへ輸送され午後四時に到着しました。

 我々はテウグランと称せられ十四の家屋から成っていた小さい収容所へ連れて行かれました。
一九四四年一月二十五日、私達の収容所から連行された婦人や少女等の一団と此処で会ひました。

 一九四四年二月三日、私達は再び日本人医師に依って健康診断を受けました。此間は少女達も含んで居ました。
其処で私達は日本人向き娼楼に向けられるものであると聞かされました。

 其日の晩に娼楼が開かれる筈でした。
帰宅後ブレッカー夫人と私は凡ゆる戸や窓を閉めました。午後九時頃戸や窓を叩く音がありました。私達は戸も窓も開け、閉さしてはならぬと命ぜられました。
寝室だけは戸を錠で閉して私は其処へ閉ぢ籠もりましたが他は其通りにしました。

 私は是を二月五日 日曜日まで継続しました。
其日にも亦日本軍兵卒等が収容所へ入って来ました(以前は日本軍将校のみでした)。
是等兵士の幾らかが這入って其の中の一人は私を引張って私の室へ連れて行きました。
私は一憲兵将校が入って来るまで反抗しました。

 其憲兵は私達は日本人を接待しなければならない。
何故かと云へば若し吾々が進んで応じないならば、居所が判っている吾々の夫が責任を問はれると私に語りました。
この様に語った後、憲兵は其兵士と私とだけ残して立去りました。

 其時ですらも私は尚ほ抵抗しました。然し事実上私はやられてしまいました。
彼は衣服を私の身体から裂き取りました。そして私の両腕を後に捻りました。そこで私は無力となり、その後で彼は私に性交を迫りました。
私は此の兵卒は誰であったか又其憲兵将校の姓名を知りません。

 此の状態が三週間継続しました。
労働日には娼楼は日本将校のために日曜日午後は日本下士官達のために開かれ日曜日の午前は兵卒等のために保留されました。
娼家へは時々一般日本人が来ました。私は常に拒絶しましたが無効でありました。
--------------------------------------------------------------------------------

突っ込みどころを全部強調しようかと思ったが、量が多すぎるのと些細な翻訳ミスとか言い逃れされるだけなのでやめた。
そして東亜日報が予定通り援護射撃。

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-26 00:55 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 04月 14日

皆さんが書いてる事を文の下手っぴなワシが書いても意味ないしなぁ

だからメモだけ

慰安婦決議案 報告書に「吉田証言」 米下院「根拠」は虚構
 ■議会調査局、議員に提供
 【ワシントン=古森義久】
米国議会下院が慰安婦問題で日本を糾弾する決議案を審議する際に資料とした同議会調査局の報告書に「日本軍による女性の強制徴用」の有力根拠として

「吉田清治証言」

が明記されていたことが12日、判明した。
同証言は「昭和18年、日本の軍隊が韓国の済州島で女性200人以上を慰安婦として強制連行した」という趣旨だが、
その後、虚構だったことが立証されており、米国議会はこの虚構をもとに慰安婦決議案を審議してきたことにもなる。


 問題の報告書は今回、4月3日付で作成された報告書の前の版で、「日本軍の『慰安婦』」と題され、2006年4月10日付、11ページから成る。

同報告書は慰安婦についてまず「徴用あるいは欺瞞(ぎまん)によってシステムに入れられた女性たち」と記して強制徴用を示唆した上で、初めの「慰安婦システムの説明」という部分で「強制」の根拠をあげている。

その冒頭で同報告書は「早期の詳細の暴露は『私の戦争犯罪・朝鮮人強制連行』という本を1983年に書いた元日本軍憲兵の吉田清治氏によってなされた。
吉田氏は同書で日本軍への性のサービスを提供する『慰安婦』として韓国内で合計1000人以上を強制徴用することに自ら加わったことを描写している」と明記している。


 つまりこの記述は吉田氏が日本軍の一員として自ら韓国人女性の強制徴用に参加したことを認めた貴重な証言として提示されているわけだ。

 吉田氏は同書の中で自分が済州島で日本軍兵士とともに地元の若い女性たち数百人を「慰安婦狩り」として無理やりに連行したという体験を述べていた。
この「吉田証言」は朝日新聞などによっても大きく報道されたが、その後、歴史家の秦郁彦氏らの調査などで虚構だったことが立証された。

 しかし米国の議員用に法案や決議案の背景などを説明する資料を供する議会調査局では「吉田証言」を事実として扱い、慰安婦決議案の指針として議員たちに提供した。

「吉田証言」はこの3日に作成された改訂版の慰安婦問題報告書では削除されているが、実際の決議案が1月末に提出され、2月15日にその審議のための公聴会が開催されるというプロセスでは議員たちはみなこの「吉田証言」を中心にすえた報告書を参考資料として使ってきたことになる。


関連

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-14 09:51 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 03月 30日

河野(名前もやってる事ももはや)傭兵

こうなってくると、わざとこの時期に言っているとしか思えないのだが
肝臓を分けてあげた息子の心中やいかに・・・

まともな文を読みたければこちら。

櫻井よしこ: 「 妥協の積み重ねで『強制』の濡れ衣 慰安婦問題は根本から論じ直すべき 」

東アジア黙示録:いわゆる従軍慰安婦の衝撃…ハシゴを外した朝日新聞



MSN:従軍慰安婦問題:「うそと騒ぐのは誠実ではない」河野議長
 いわゆる従軍慰安婦問題をめぐり、河野洋平衆院議長が元慰安婦への支援活動を行ってきたアジア女性基金(理事長・村山富市元首相)のインタビューに

従軍慰安婦というもの自体がなかった
といわんばかりの議論
をするのは変だ。

全部うそだと議論して騒ぐのは、知的に誠実ではない」

と語っていることが29日、分かった。
河野氏は93年、旧日本軍の関与を認めて謝罪する官房長官談話を出しており、最近の談話見直しの動きを批判したものだ。

 発言は、同基金が29日に発行した単行本「オーラルヒストリー アジア女性基金」に掲載された。

河野氏は、政府の元慰安婦16人への聞き取り調査について

厳しい目にあった人でなければ
できないような状況説明が次から次へと出てくる


と指摘。
「(談話は)政治的判断だという方がいるが、そう思っていなかった。
人間として、きちんとして差し上げなければと思った」と談話に至る経緯を語っている。

 自民党などから談話を見直すべきだとの意見が出ていることについては
「そういう気持ちはまったくない。
(同問題を)恥ずかしいことだと受け止めて、今後はしないと誓うことの方が
よほど勇気のある、正しい行動ではないか」と反論している。【平元英治】





慰安婦という呼び方が紛らわしいなぁ、売春婦と統一しよう。
「従軍」という言葉の意味を知っているなら恥ずかしくて口に出せないだろうに、出すと言うことは恥の概念がないのだろう。

まぁそうでなければ「新自由クラブ」など作らないし、ノコノコと出戻ったり総理になれない自民総裁をやったり閑職の衆院議長でありながら傾きっぱなしになったりしないだろうが。

確認しておくと、慰安婦が存在しなかったと言っている人間は見たことがない。
全部うそだと議論して騒ぐ人も知らない。
いない者が見えるなら河野は相当に頭がやられている事になる。

して、 従軍慰安婦がいなかったという人間はいる。
つか従軍慰安婦がいたと言う人間の方が珍しい。

この従軍の文字は重い、姑息に「所謂慰安婦」とかに誤魔化している某麻火新聞もいるが、
それでは単なる「軍人相手専門の売春婦」でしかない。

戦後日本のRAA(特殊慰安施設協会)と似たようなものだ。

あったものはあったと、なかったものはなかったとハッキリさせるのに何の問題があろうか、
それを曖昧なままにしておこうとしながら、

(同問題を)恥ずかしいことだと受け止めて、今後はしないと誓うことの方が
よほど勇気のある、正しい行動ではないか」


などと理不尽がまかり通ってきたから国益と信用を損ない、いわれなき言いがかりをつけられてきた。

合法かつ、当時の社会通念として世界各国で行われていた事を、今の基準で非難されるいわれがあろうか?
(例外があるとするなら、国策として中国に阿片を押し付けたイギリスやアパルトヘイトのようなものぐらいだろう)

昔の人は刀持って歩いてたから銃刀法違反か?
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-03-30 00:23 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 03月 28日

リンクのみ

「マイク・ホンダの正体」--慰安婦問題の隠された部分 WILL論文から

下村発言、首相のおわびが台無し~強制連行を示す資料が発見されなかっただけで、軍の関与はなかったわけではない

歴史を偽造して開き直る朝日新聞

・基礎からわかる「慰安婦問題」  ~読売新聞紙面より~

グリーンピース船、東京港への入港拒否される - 東京
【東京 28日 AFP】
南極地域における日本の調査捕鯨に抗議行動を実施した国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)のキャンペーン船が28日、東京港に入港しようとしたところ、同船舶の代理店である村山商店に対する船員組合の抗議が原因で入港が阻止された。

 入港を拒否されたのはグリーンピースの所有するオランダ船籍の「エスペラン(Esperanza)号」。
東京湾への入港手続きなどを代行する村山商店が業務を引き上げたため、東京湾沖の大島近海で、燃料を使用せずに漂流する形で待機した。
グリーンピース側によるとオランダ外交筋が代わりの入港地を探しているという。

 船上にいるグリーンピースの広報担当、サラ・ホールデン(Sara Holden)氏は、
言論の自由を封じるために、まさしく政治的力関係を使った事件だと思う」と衛星電話による取材に答えた。

 世界でも最も利用密度の高い東京湾への入港には事前申請が必要で、グリーンピースの船舶に関しては村山商店が代行してきた。
しかし一転、全日本海員組合の幹部らによる申し入れを受けたことから、同社は27日にグリーンピースの代行業務から今後引き上げることを決定したと発表した。

 村山商店側によると、組合員らとグリーンピースとの間で混乱が生じることを懸念し、
「抗議声明を携えた組合幹部の訪問を受け、当社社長の判断でエスペランサ号に関わるすべての業務を停止することにした」という。

 国際捕鯨委員会(IWC)では1982年、商業捕鯨禁止(モラトリアム)を採択したが、日本政府は「調査」捕鯨を継続しており、毎年南極地域に捕鯨船団を派遣しては、国際世論や環境活動家らの批判を集めている。

全日本海員組合も政府の立場に同調しており、グリーンピースを「テロリスト」団体と呼ぶなどしている。


[PR]

by jsdf1100411 | 2007-03-28 20:45 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 03月 22日

安倍首相は村山元首相を見習うべきだ

朝鮮日報【社説】
 村山富市元首相は19日、

日本軍が関与して慰安所を設置、監督したのは間違いない。

その限りにおいては政府の責任はある
」と語った。

村山元首相はまた、
慰安婦の強制動員に日本軍が介入したかどうか議論するのは無意味」とした。

 この発言は、最近「(日本軍の慰安婦に対する)強制性を裏付ける証拠はなかった 」とした安倍首相や、
先週「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった 」との答弁書を提出した日本政府の姿勢に反論するものだ。

 村山元首相は戦後50年を迎えた1995年8月15日、日本帝国主義による侵略戦争についての謝罪を込めた「村山談話」を発表している。
その中で元首相は「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。(中略)ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのおわびの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念をささげます」と語った。

 韓国や中国などの周辺諸国は、

日本軍が慰安婦の強制的な動員に関与したことを認めて謝罪した1993年の「河野談話」

と、それに続くこの村山談話に接し、過去の歴史に対し反省を示した日本の姿勢を受け入れ、今や日本と未来志向の関係を模索すべき時期が来たと判断していた。

 しかし後に登場した小泉元首相は第2次世界大戦における戦犯たちが合祀(ごうし)された靖国神社への参拝を強行し、
さらに現職の安倍首相に至っては、日本軍による慰安婦の強制動員があったことまで否定した。
わずか10 年前、日本政府が公式的な立場として表明した反省の言葉を、自ら否定するような行動に出たのだ。
これは周辺諸国が建設的な未来のために差し伸べた手を払いのけるような行為だ。
村山元首相は「政界で世代交代が進行するにつれ、過去を直視できない人物が目につくようになった」と懸念を表明した。

 安倍首相は韓国・中国との首脳会談を控えていた昨年10月の就任直後には、村山談話を継承する立場を明らかにしていた。
ところが安倍首相は就任から数カ月もたたないうちに、日本政府がかつて発表した歴史認識を一つ一つ否定し始め、「独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進する」とした村山談話とは正反対の方向に進んでいる。




いちいち突っ込むのも面倒・・・

790 名前:朝まで名無しさん
知らない人のための 「村山談話」への過程

・1995年、時の連立与党・社会党が終戦50年を機に
 「植民地支配」と「侵略行為」に対する「謝罪・不戦」の草案を国会に提出する

   ↓

・自民党他から猛烈な反発を受け修正、
 村山富一が「連立解消」をちらつかせて修正案を呑むよう脅しをかける

   ↓

・6月9日(金曜日)、各議員が地元に帰る金曜夜を狙って衆議院開会、
 新進党欠席の中、衆議院502議員中251人が投票、230人が支持票を投じて修正案は決議される
 (共産党は謝罪が足りないとして反対、社会党議員の一部は修正案が譲歩しすぎているとして欠席)
 「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」、通称・不戦決議と呼ばれる。

   ↓
 
・修正案の文面やその手法にあまりに反発が強く、参議院であえなく決議見送り
 (朝日新聞等は、この参院での決議見送りを無視し、「不戦決議」を「国会決議」と定義しています)

   ↓

・ブチ切れた村山富一は8月15日に
 「植民地支配と侵略は疑うべくもない歴史の事実」
 「従軍慰安婦への償いなど個別の戦後処理課題について引き続き誠実に対応して行く」
 「国策を誤り、戦争への道を歩んだ」
 と『村山談話』を出す
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-03-22 17:20 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 03月 19日

横着めも

従軍慰安婦だった韓国人らの証言

慰安婦問題、加害者として慎みの心が肝要~石原信雄氏「強制の証拠なし。慰安婦達が作り話してるとは思えない」

Japan Repeats Denial of Role in World War II Sex Slavery
Sign In to E-Mail or Save This Print Reprints

By NORIMITSU ONISHI

国会会議録検索システム-本文表示(MAIN)
(中国は「南京事件の死者は2万人」と国際連盟に報告していた)

North Korea Today
- 南牛 北朝鮮問題家を斬る:9(+新井先生のコメント)

More
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-03-19 01:01 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】
2007年 03月 07日

強制連行・従軍慰安婦

 【拉致事件と強制連行は無関係】相殺できません
というスレをかつて立てた、04年の末頃のことである。
元々は朝鮮人強制連行は、自称被害者のうち1割ぐらいは本当だろうと思っていた。
なので一応、強制連行というものが(数はともかく)あったとの前提で立てた。

ここで言う強制とは人狩のことである。イメージとしては時代劇によくある
 代官と組んだヤクザが、狙いをつけた娘の身内を博打に誘い込み借金を作らせ、そのカタに・・・
とのパターンが、今では死後になった所謂「従軍慰安婦」の場合の思い込みで、野朗の場合は「タコ部屋」。
 (半島や大陸の)畑仕事をしている男たちを片っ端からトラックに放り込み・・・
なんてのは、少し考えればおかしいと気がつきそうだが「少しはあったのかなぁ」などと漠然と信じていたのかもしれない。
これも時代劇の影響か、イカサマ博打で借金背負わされた人が鉱山なんかに送り込まれたのかなぁ・・・なんて。

普通の人は日本と中韓の20世紀前史なんてロクに習っていないので、同じように漠然とした認識で終わっているのではないだろか?

ワシも拉致の件がなければ、見たこともない中国人や朝鮮人の事になど興味も持たず、
「何となくだけどあったらしいね」で一生を終えたのだろう。

続きの独り言はまだあるのだけれど、北朝鮮の子供っぷりに呆れたので略
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-03-07 23:42 | 【従軍】慰安婦・強制【連行】