2008年 04月 08日

こういう話もあるから困る

非先住民に退去命令、ブラジルの先住民区 国際ニュース : AFPBB News

【4月8日 AFP】
ブラジル北東部ロライマ(Roraima)州ハポーザセーハドソウ先住民区(Raposa Serra do Sol Reserve)で7日、

警察当局がベネズエラ-ガイアナ国境沿いの1万7000平方キロの土地から、地主数百人を強制退去させる準備を行った。

 30年間続いた法廷闘争を経て2005年、ブラジルの先住民約1万4000人が同保護区に居住することが認められた。

当局は非先住民に今年4月末までの立ち退きを要請。
強制退去を実施するため、最終的に500人の警官隊を送り込む予定だ。

 一方、非先住民の地主らは、この立ち退き命令に「自らの血で」抵抗すると主張している。

詳細がわからんので迂闊な判断はしないようにするが、似たような話はガザ(これはイスラエルの国策)もあるし、古くは毛沢東の農地解放やマッカーサーの例もある。
そして我が住まいである蝦夷も、先住民の土地を(何やかんや理由をつけて)奪った結果なわけである。

視点次第でどっちの側にも立てる話は難しいな。「これが正しい」という絶対がない。
(これが、先住民に対する立ち退き要求なら世間も敏感になるのだろうか・・・)
[PR]

by jsdf1100411 | 2008-04-08 21:06 | 小ネタ / 浅読み


<< 驚愕!ステルス聖火ランナーw      「オリンピックそのもののボイコ... >>