2008年 02月 20日

イージス艦「あたご」の件では、ワシがあえて悪者になれる要素がない

どっちが悪いかという二択になれば「あたご」が悪い。これは動かないだろう。

まだ調べの端緒についたばかりであり一方に全面的責任があるとはならないだろうが(過失割合)、「なだしお」や「えひめ丸」の教訓を得ているはずの海自が、往来の激しい東京湾入り口近辺で最大限の危険回避能力を発揮しなくてどうする。

逆にこれがテロであったなら、艦体+システムで数千億円になる貴重な戦力が(全損にはならずとも)一定以上の期間損なわれる事になる。

それ以上に、国民の不信感を買ったという現実は目に見えないがとてつもなく大きいマイナスである。

以下、ワシは空にも疎いが海にも疎く、疎くない事が見当たらないほどに疎いので独り言の妄想になる。
詳しい人の言葉を聞きたければ↓へドゾ。空将だけど事故対応などの根幹は同じなので外れはないでしょう。


「海自は緊張感欠いている」! - 軍事評論家=佐藤守のブログ日記

さて、ワシはバカの視点から・・・






ワシを含め国民一般は専門的な知識などなく、極端に単純化したマスコミ(に出てくる逆神、神浦や田岡元帥)の言葉を第一印象として捉える。
そこに致命的な勘違いや無知があったとして、後々になってから誰かが間違いを指摘してももう遅い。
これはある種の情報戦と言える。

だから何よりも早く、当事者のトップに至るまでが情報を入手し共有していなければ的確な反論ができなくなり、
憶測や先入観から悪い事を悪くないと言い張ってしまったたり、悪くない事を謝ってしまったりする愚を冒すのではないだろうか。

大臣に情報が入るまでに90分かかった、事が最大の問題ではない。たまたま現職がマニアの石破だったから、大臣の耳に入れば対応ができたかのように語られているが、過去の長官を見ればわかるように、基本政治家は℃素人なので大臣に届くまでのトータルの時間など関係ない。
現場から直上の指令組織、そしてそこから制服組のトップに届くまでの時間が問題なのではないかと。
(まぁ海自制服の上部がどの程度なのかで情報は生きも死にもするのだが、それは置いといて)
第一報はとにかく速さが肝心。概略で「5W1H」が伝わればよい。下から上に順序立てていては無駄な時間が過ぎるので、星の数など無視して同時多発報告すれば済む。
隠す必要のない話なら、平文でオープンにしてしまった方がよいのだが、それを判断するのに上層部の会議やら根回しやらが要るというジレンマか・・・)

しかし海自は本当に「なだしお」や「えひめ丸」から教訓を得ていないのだろうか?
過去の事件でも衝突後に救助活動をしなかったとか散々騒がれたのに、今回の事故後の「あたご」の動きが伝わってこない。
(伝わってるのにワシが知らないだけだったらゴメン)

中国からも狙われているイージス情報を守りたいのはわかるが、海保や警察に家宅捜索受けてて、その中にアレがいたら意味ないだろが。
(まさか自衛隊と違って身上調査は万全で、情報のリークがないなどとでも思っているのだろうか?
警察情報 Winny - Google 検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E6%83%85%E5%A0%B1+Winny&num=50

違った意味で警察を舐めるなよと・・・



あぁイカン、処理能力が低いのにいろんな事を考えてたら固まってしまった。
人柄がどうとかはまったく関係がないが、親子の遺体もまだ上がったと言う話はなさそうだし。
(陸ならともかく、冬の海では冷徹な現実しかないだろう)
埠頭でどんつくやってる婆ちゃんたちの姿には宗教的異様さも感じてしまうが、それも仕方がない。
できる事が他にないのだから。

漁協や親族が感情的になるのはよくわかるし、勢いである事ない事言ってしまうのも許容範囲である。

だが、それに便乗して銭稼ぎしてる連中は許さんぞ。
[PR]

by jsdf1100411 | 2008-02-20 15:19 | 小ネタ / 浅読み


<< ワシより先に、パソ君が御臨終しそうだ      沖縄の米兵の件で、あえて悪者に... >>