世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 27日

橋下弁護士(扇動による?)懲戒請求却下

書き逃げは恥ずかしいと思うぐらいの心はあるつもりだから、事実は事実として受け入れなきゃね。
(ワシは懲戒請求がどうこうに主眼を置いてこなかったはず・・・のつもりなのだが、言い訳かな?)
時事ドットコム:元少年の弁護士懲戒せず=光市母子殺害事件-東京弁護士会
 山口県光市母子殺害事件の差し戻し控訴審弁護団に多数の懲戒請求が出されていた問題で、東京弁護士会は27日までに、
同会に所属する弁護士について「正当な弁護活動で、懲戒処分には当たらない」と議決した。

 被告の元少年の弁護団に対しては、大阪弁護士会所属の橋下徹弁護士が5月、テレビ番組で懲戒請求を視聴者に呼び掛けた後、各弁護士の所属弁護士会に一般の人から多数の申し立てがあった。


東京弁護士会、光母子殺害の弁護士は懲戒せず - MSN産経ニュース

意図的に裁判を遅らせている」などとして大量の懲戒処分請求が出されていた問題で、
東京弁護士会は27日までに、所属弁護士について懲戒処分をしないことを決定し、関係者に通知した。

日弁連によると、弁護団に対する懲戒請求件数は把握できただけで計7558件


NHK:元少年弁護団 懲戒処分にせず
山口県光市で母親と幼い子どもが殺害された事件の裁判で、
被告の元少年の弁護団が被害者を侮辱したとして出されていた懲戒請求について、
東京弁護士会は「正当な弁護活動で懲戒処分には当たらない」とする議決をしました。


8年前、山口県光市で主婦の本村弥生さんと娘の夕夏ちゃんが殺害された事件の裁判は、2審の無期懲役の判決が最高裁判所で取り消され、広島高等裁判所でやり直しの裁判が進められています。

当時18歳だった被告の元少年と弁護団は裁判で
「主婦に乱暴したのではなく、生き返らせるための儀式だった」などと主張しています。

これに対し、大阪の弁護士がテレビ番組で弁護団の懲戒請求を呼びかけたところ、
被害者や遺族を侮辱する荒唐無けいな主張だ」として、全国の一般の人などから、弁護団のメンバーが所属する各地の弁護士会におよそ4000件の申し立てがありました。

このうち、東京弁護士会が審議した結果、
「社会から批判される被告でも基本的人権を守る弁護活動は必要だ。
弁護士が被告の弁明に沿った主張をすることは正当な弁護活動で、
関係者の感情を傷つけたとしても懲戒処分には当たらない」とする議決をしました。

この問題で、弁護士会が弁護団の活動を正当とする議決をしたのは初めてです。
議決について、当事者の弁護士は
弁護団の主張が正確に伝わらないまま懲戒請求がされたことを残念に思います」と話していました。


微妙に請求の理由が違っているような気もするが、多くの中から報道がそれぞれ理由をピックアップしたのだろか。

まぁこの結果は予想の範疇でしょうかね。
警察が身内の裏金問題を調査するのを、第三者機関じゃないから信用できないと仰る方々による内輪の調査ですから。
と言ってしまうとレッテル貼りになるかな?

本丸である光市事件の裁判があのような方向で結果が出そうな状況下では、「だからどうした」としかワシには思えないんですわ。
逆に言うと、もし判決が法律と国民感情に反する結果となったらブチ切れますな。

で、これが橋下弁護士の方のしょうもない裁判に何か影響が出るのかな?
というか扇動したと訴えられた橋下弁護士の裁判と、扇動され騙されたはずの懲戒請求者をも成り行き上訴えてしまった裁判がどうして両立するのだろうかと小首傾げるワシ。
(「騙された奴が悪い」という判断を願っているならば納得だなぁ、人権たら人道やらにうるさい方々がそれでいいなら・・・)

うん、今一つも二つも気が入らない。
また今年も12月がやって来るし・・・
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-11-27 16:44 | 小ネタ / 浅読み


<< さぶいのよ~ (放ったらかしの...      ダンペイではなくダンベイだが >>