2007年 11月 23日

ダンペイではなくダンベイだが

 いざログを纏めようとするとえらく大掛かりな作業になってしまうんだな。
ある一つの話題についてならまだ論点に沿ったものを抽出すればいいのだが、(おそらく)人間を追いかけるとなると話題もあちこちに飛びまくる、面倒しか掛けない奴だなまったく。

ということで、世界中の誰からも必要とされていないどころか、
邪魔者でしかないバカの言葉の矛盾を捜すというこれ以上ないって程の無駄で無意味で不毛な作業に取り掛かってみたい。面倒しか掛けない奴だなまったく。

ダンちゃんは都合の悪い事は見聞きできなくなる不思議な脳内フィルターを持っている上に記憶力がないので、
何度も同じ話を繰り返し聞かせる必要があり、どうしても同じコピペを何度も貼らねばならないので非常に見難い。面倒しか掛けない奴だなまったく。


ん~何についての話から始めようか。
長年ダンちゃんを見てきた常連なら説明を端折っても通じるが、やはり紹介するにはプロフィールから始めるのが順番か。面倒しか掛けない奴だなまったく。
(しかし、それが最大の矛盾の巣窟でもあるわけで・・・)

面倒なのでソースは添えないが、どれもきっちりログ保存してるつもりであり、それに基づくワシなりの合理的解釈をしておりんす。
解釈には当然幅があるので断定はしないように心がけましたが、質問やクレームがあれば米欄に。もし明確な答えが出せなければ削除とゴメンしますよん。面倒しか掛けない奴だなまったく。





(注:全て本人が漏らした自己申告によるプロフィールが元である。が、間違っても真に受けないように。)
1)
 ダンちゃんは自称サヨクで日共シンパである。しかし党員でも何でもなく赤旗の購読を止めて朝日新聞を購読していると言う。
しかも、毎日のように朝から書き込みするもその日の朝刊の記事について語った事がなく、読んだという記事は常に夕刊である。
夕刊だけを購読すると言うのも不思議な話ので、自宅ではなく出先(パートかバイト先?)が取っているのを読んでるだけなのではないかとの疑問が湧く。

2)
自称中年で、息子と娘と嫁(日本語と違う意味の【愛人】と呼称する)。さらにどう考えても嫁以外の愛人がいる。
息子は2006年~07年初めの段階で社会人。
高学歴でお金持ちのダンちゃんの息子が高卒とは考え難いので、06年の段階で22歳以上と推測。

3)
父母は既に死亡して、親父の遺産の株と不動産からの賃料で食っている。
株は持っているだけで売買などはぜず、配当収入があるという。
不動産は賃貸住宅が三棟。普通に考えればそれなりの収入額になり、株の配当と合わせ経費を別としすれば数百万になるかと思われる。

が、何故か所得税は数万円・・・

賃貸家屋が三棟と(日本株の配当だけで稼ぎになるなら)相当な額を持っているはずだが、相続税が発生していないようなので何故か総額は免税点以下という不思議。
(とにかくダンちゃんは、金儲けしたと言うが納税はしない)
その後何故か持ち家の数が二軒に減る。何があったんだ?金に困って売ったのか?

親父の遺産なら、妻が半分になるので全部をダンちゃんが相続するのはおかしい、と当然の突込みが入る。
(経験者ならわかると思うが、実際には息子が全額相続をできる場合もある。だがこっちから教えなくてもダンちゃんならわかるはず。嘘の作り話でなければ・・・)
そこでダンちゃんは、母親を死亡させてしまった。後先考えないにも程がある。ダンちゃんは「親の遺産」ではなく「親父の遺産」と言ったのだ。

母親からではなく親父から息子が直接財産相続するには、(教えてあげない現実の方法以外では)母親は父親より先に死亡した事にするしかない。
ダンちゃんの父母とダンちゃんの息子には接点がある。↑2) 
なのでダンちゃんの息子が生まれたであろう84~85年には、ダンちゃんの両親は健在であったとなる。

そこで問題になってくるのが、ダンちゃんの両親の年齢。ダンちゃんにしてみれば齟齬が怖いのか何年に生まれて何年に死んだのかなどは一切口にしない。
だが底が浅いので、気がつかないうちにいくらでも推察するデータを吐いている↓。

4)
ダンちゃんの(一方の)祖父は、終戦間際に「30代後半」で徴兵された。(これも突っ込みどころは満載ながらとりあえず流して)
またダンちゃんの祖母は終戦間際に女学校に行っていて、学校単位で「戦闘機を作る工場」に動員された。
(年齢差がある上に、ダンちゃんパパはこの時既に生まれているそうなのでこれは母方の祖母と解釈。)
終戦が夏なので、祖母の年齢は昭和20年に「最大で」17歳。
終戦時の状況で女学校に行ける家なのだから貧乏人ではなく、口減らし目的で急いで嫁に出す必要はないと推察。
戦中に苦労しながら女学校に行かせて、戦後になって就職もさせずに嫁に出す合理的な理由が見つからないと解釈。

5)
ここでさらに問題になるのが、ダンちゃんパパの年齢が一つではない事。
最初ダンちゃんは親父の遺産の話の中で、「オイラの親父は30代半ばで財産を残して死んだ」としていました。
3)にあるように85年前後には生きていたのですから、この時の年齢は30代前半ぐらいとなります。つまり50年代の生まれとなります。
しかしダンちゃんによると、ダンちゃんパパは朝鮮戦争の最中にGIがパンパンと遊びまくっていたと言う情報を仕入れていたというのです。
(しかも居住地でもない千歳などの情報を、米軍のネガティブ情報を封じていたGHQによる統制下で)
とてもガキに仕入れられる話ではないので25年(=50年)~28年頃には成人だった成人かそれに近い年齢だったと推察。

そうなると昭和一桁となります。それが30代半ばで死亡したとなるとそのまま昭和40年代に死亡したとなります。
しかしダンちゃんの息子が生まれたのは昭和60年(85年)頃で、ダンちゃんパパとは接点があるのです。

どうしましょう・・・


さらにしかも忘れていけないのは、ダンちゃんが成人の子供を二人も持つ中年だと言う事です。常識の範疇で考えれば40歳以上と解釈しました。
ジャスト40としても67年生まれとなります。ダンちゃんパパは何歳で息子を作ったのか。

まぁそれでもガテン系の家なら17歳で父親になる事もあるでしょう。(ガテン系が15年ぐらいで遺族が暮らせるほどの財産を残せるかと言う別の疑問が発生しますが)
しかしまだまだ問題があります。母親です。
祖母が終戦時に「最大で」17歳。20歳で嫁に行き翌年長女を産んだとしても昭和24年(=49年)。終戦後すぐに嫁に行き翌年長女を生んだとして21年(=46年)。
無理にそういう事にして、この人が20歳になり嫁に行き翌年長男誕生として42年(67年)、法廷婚姻年齢下限の16歳で嫁に行き翌年長男が産まれたと無理に無理を重ねてようやく38年(=63年)。

はぁ~、ここまで無理を重ねてどうにかこうにかワシと同じ年齢になれました・・・
これが現実として通用するかどうか、ワシが見逃したり無視してあげた矛盾点もあり、
突っ込みどころがありすぎて指摘するのが嫌になるほどなのですが、疲れちったのでとりあえず今日はここまで。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-11-23 21:49 | ゴミ箱


<< 橋下弁護士(扇動による?)懲戒...      ニュース備忘録071121 >>