2007年 09月 07日

プロの中の人がわざわざのお越しありがとうございます



Commented by M.T. at 2007-09-07 11:16 x
弁護士のため息の管理人です。
記事のご紹介ありがとうございます。
ただ、私の他の記事(特に左サイドバーにある刑事弁護の本質に関する記事)もお読み下さいね。一応、「プロの視点からの問題点と法律論的な御意見」になっていると思うのですが(理解されるかどうかは別として)

>しかも着火してるし、消火作業できてないし・・・

そうですか。確かに(意識的に)着火しましたね。スルーも相当しましたが、結構消火もしていますよ。

>(前エントリでワシが橋下弁護士を、「きっちり、コメントもトラバも拒否しているのは当然と言えば当然で、一応プロなんだなと納得。」と評価したのとは真逆ですな)

 そうですか。コメントもトラバも拒否するのがプロですか。私もプロとしてあなたのトラバは拒否させて頂きます。

>途中で別の話となっての印象操作になっているのはプロとしてどうなんでしょ?

 そうですか。道交法の間違った法定刑をTVで連呼するということは法律家として信じられないことです。橋下弁護士の法律家としての見識を疑ったので、今回の件と一緒に記事に掲載させて頂きました。



一応撤退したした形になっている2chでよく見たパターンそのままですな。
何か言い返し、できれば優越感を保ったまま相手を見下したいが、生の罵倒はできないので遠回しに・・・
(ワシもあそこで鍛えられて耐性がついていなければ「火病」起こして「何だくぬやろ~!」となったかもしれないがw)

しかし、基本的に論点が違いますな。まぁ意見が違う人がいるからこそ裁判があるのだし、株の売り買いも成り立つのでそれはよろし。

しかしせっかく覗いてくれたなら、直近のエントリも見てもらいたかったな。短いし。






説納得させなければならないのに理解しない相手に対し、「勉強不足だ」「学習してから語れ」では通用しなくなるのが今後の法曹界ではないんですかと。

そして、学習はしたが学問をしていない人によく見られる傾向としてワシが感じるのは、
要旨を三行に纏められないで、冗長に無駄な形容詞が並び、論点がボケる事。

結局、プロの中の人のコメントを「受け手のワシが」纏めると、

「下品でも喧嘩腰でも悪意もないが、気に入らないからトラバ拒否しちゃる」だけ。
(本人に聞こえないように陰で言うのはマナー違反だと思うから送っているのだが、まぁ届いた事はハッキリしたので目的は達した)

個人情報がほぼ公開されていながらこのようなお子ちゃまっぷりを披露して、本業に差し障りがないかとこっちが心配してしまうのだ。

ちなみに、橋元弁護士がコメントやトラバをただ拒否してるから「プロ」と思ったのではないんだなこれが。

想像だが、彼は自分の発言に気を悪くするものが出ることを見越していて、なおかつ彼は他人とのコミュニケーションをとるために書いているブログではないと割り切っているから、一方的に自分の考えだけを綴っているのだと。

こっちのプロの中の人は違うでしょ?
わざわざ「お前のトラバなんざ拒否してやったわw」と報告しに来るんだから。


その辺の自覚のなさを含めて、「テレビタレントとして子供じみている橋下弁護士より子供っぽい」と評したわけだが・・・

まぁその場の勢いで脊髄反応し感情をぶつけるだけでは、敵が増える事はあれ味方が増える事はないなどと一生気がつかないのだろうなぁ、哀れな。


ちなみに、橋下弁護士の新しいのが出てる。

橋下徹のLawyer’s EYE

これに対しては小首傾げる部分もあり、本来それを書こうと思ったのだが。
余計とは言わないが予想外のお客はんが来て、そっちに元々少ない能力を割いたのでパス。

各々が読んで自分で判断するよろし。

さらにちなむと。都合の良し悪しでコメントやトラバにフィルタかけるのは、危機管理的に最悪でっせ。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-09-07 20:06 | 痛い人


<< 私的メモ      橋下弁護士に関してワシ的まとめ >>