2007年 08月 26日

小池百合子は何様だ?

事務次官の任命権は大臣にある、その点では小池に「も」理はある。手続き論上からは問題があるが、まぁそこはいいとしよう。

だが、大臣の任命権は総理大臣にある。
「私は辞める」権利はあるが、それは辞表を提出して辞めるか打診があった場合の拒否権しかない。
役職に付くかどうかは自分が決める事ではない、しかもそれを人事発表前に漏らしてどうする。
(さらに言うと次官人事と自分でルールが違ってどうする)
元々表に出すべき話ではない、嫌なら直接総理に言えばいいだけ。
ただし、繰り返すが後継人事に口出しするのは越権行為。
(公私の区別がつかないから「お友達内閣」と揶揄されてるのに)

「辞表は出さないがやる気はない」
まるで出世も昇給も諦めたどこかの公務員そのままではないか。
この8月は、やる気のない者が国防を担うという恐ろしい期間であったわけだ。
(まぁ前任がQ間だから自堕落な期間はもっと長いわけだが)

しかし次官の件は本来もっと重大な話なのだが、メディアが女の大臣ネタとして面白おかしく報じたせいですっかりズレてしまった。

沖縄とかイージスとか情報保全とかの切り口から伝えた大手があるか?
F22の件もイラク特措法延長の件も何もかもが「安倍内閣窮地に」で終わっていて、
「それでは我々国民はどうしよう?」との観点がどこにもない「他人事」扱い。

「一兵卒で働く」と、帰国の小池防衛相 国際ニュース : AFPBB News
【8月25日 時事通信社】
パキスタン、インド訪問を終えて帰国した小池百合子防衛相。空港で「党の一兵卒として首相を支えたい」と述べ、閣内横滑りや自民党の要職就任も望まない考えを表明


NHK:“一兵卒として首相支える”
「テロ対策特別法の延長問題が控える今度の国会での審議をより円滑に進めるためには、新しい人にやってもらった方がいいのではと思った。私の考えは以前より安倍総理大臣に伝えている」

[PR]

by jsdf1100411 | 2007-08-26 01:54 | 小ネタ / 浅読み


<< 暑い暑いといいながら9月になっ...      浮島丸事件(沈黙は沈) >>