世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 03日

Windows Liveって何かな?

セキュリティがどうとか言われてもワシはOEを使ってます。単にhotmailをテキストで読むだけだから。
して、今年の頭ぐらいからか「Windows Live Hotmailにグレードアップを」とか言ったメールが送られてくるようになった。
当然のようにhtmlで・・・読めんがな。

ブラウザ閉じる度にキャッシュもクッキーも全削除なので、ブラウザでhotmail見るには一々パス入れなきゃならん。
(何か方法があるのかもしれないが調べるのが面倒)

何やらお徳な話が書かれているようだが意味がわからん。OEの後継メーラーがあるらしい事すら検索でようやく知った。

して今日また、何度目かになるWindows Liveに関するニュースを見たわけだが、やはりよくわからん。




Hotmail容量を4GB超に拡張――MSがLive戦略を大幅強化へ - @IT
 マイクロソフトはオンラインサービス事業「Windows Live」を今秋に大幅強化する。
統合ID基盤を導入し、シングルサインオンで複数のサービスを利用できるようにし、クライアントのプログラムとの連携も進める。
8月半ばにもWebメールサービス「Windows Live Hotmail」の容量を2GBから4GB超に拡張する計画。
「Software+Service」という独自性を強調し、オンラインサービスで先を行くグーグルなどを追撃する。

よくわからんが凄いらしい。ワシ、メールはほとんど読み捨てで、たまに残す場合もローカルに保存なので容量は関係ないけど少ないよりは多い方がよかんべ。
Windows Live IDをセットアップするとクライアントプログラムである「Windows Live Mail」(Outlook Express/Windows メールの後継)、「Windows Live Photo Gallery」(画像管理ソフトウェア)、「Windows Live Writer」(ブログ投稿ソフトウェア)、「Windows Live Toolbar」(Internet Explorer向け検索ツールバー)、「Windows Live Messenger」も同時にインストールできる。

 インストールするプログラムの選択はオプトアウト方式になっていて、選択を外さなければすべてのプログラムがPCにインストールされる仕組みになっている。

もうわからん。画像管理、ブログ投稿、ツールバー、メッセンジャー、どれも要らないから結局メーラーだけだな(使うとすれば)。

して検索先によるとテキストメールが送れなくなるとか何とか言ってたような、
そこのトコがどうなんだろかとチト悩んだ真似をするも、そもそもテキストでしかメールを送った事がない。

こっちを見ると余計にわけわからん。
InternetWatch:
Windows LiveおよびMSNを強化し、ソフトとサービスの融合を本格化
 ユーザー層は、25~45歳をメインターゲットにし、「MSNなら欲しい情報が見つかる。都会派のための知的エンターテイメントポータルを目指す」という。新しいメディアエクスペリエンスでは、例として、「Silverlight」の活用や、「サーチによるロングテールのインテグレーション」「動画/CGMのインテグレーション」を挙げ、「検索や動画、CGMを、我々のコンテンツに融合することで、他ではできないオンラインサービスを体験してもらいたい」

日本語だとは思うが、全くワシには通じない。おそらくお金がある人には読み解ける暗号なのだろう。

ということで、読み取り専用の現行hotmail+OEで別に困った事はない。
気になるのは、今の組み合わせがいつかなくなってしまうなら早めに乗り換えしといた方がよいのだろうが、何年も先の話ならそれまでにマシンの寿命が来るだろうから無駄な事はしたくない。

あ~面倒臭い、当分は放置だな。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-08-03 00:53 | 小ネタ / 浅読み


<< とても小さな幸せ      夏なんだってねぇ >>