2007年 07月 26日

ニュース備忘録070726

なぁにこれくらい、毎日のゴミなんてアンマン空港に本物を持ち込んで起爆させ死者まで出した本物のテロリストだ

英警察、「偽爆弾」を地下鉄に持ち込んだ新聞記者を逮捕 国際ニュース : AFPBB News
7月25日 AFP】
ロンドンで24日、地下鉄の警備状況を調べるため車両に偽物の爆弾を仕掛けようとした英紙記者2人が逮捕された。

 2人は大衆紙「デーリー・ミラー(Daily Mirror)」の記者で、同日午後、
ロンドン地下鉄ベイカールー(Bakerloo)線の終点ストーンブリッジパーク(Stonebridge Park)操車場で「爆弾のような物」を所持していたことから、地下鉄職員が英交通警察に通報。駆けつけた警察は2人を不法侵入の疑いで近くの警察署に連行した。

 警察当局によると、2人の取調べを行ったところ、犯罪に当たる行為は発見されていないという。同記者らの氏名は明らかにされていない。

 一方、デーリー・ミラー広報は、同紙記者の行為は「合法かつ正当な取材行為だ」と主張した。

(以下略)






47か国調査、米国は最大の味方かつ敵、最大の脅威はイラン 国際ニュース : AFPBB News

米国を1位にあげた人の割合を国別にみると、最も多かったのはイスラエルの87%で、
次いで韓国75%、日本74%だった。 英国では過半数をわずかに上回る57%にとどまった。

 一方、米国に対し不信感を抱える人が多かったのは17か国で、最多はバングラデシュの72%、次いで中国66%、ロシア49%となった。

(前後略)

許容誤差があるだろうから同じとしても、なんじゃそりゃ?
日本が従順なポチなら、お隣は飼い主にさえ噛み付きながら自活もできないバカ犬と言ったところか。



「外務省、北朝鮮の「備忘録」を批判」政治も‐外交ニュース:イザ!
 外務省は25日、安倍政権が拉致問題を北朝鮮脅威論として悪用しているとした北朝鮮外務省の「備忘録」について、
「拉致問題に関する多くの事実関係を歪曲(わいきょく)し、一方的に述べており、受け入れることはまったくできない」と反論する談話を発表した。

 談話はまた、6カ国協議の日朝国交正常化作業部会について
「北朝鮮側が人命、人権、主権にかかわる拉致問題を含む日朝間の諸懸案に誠意をもって対応し、有意義な議論が行われることを希望する」と強調した。

何だその中途半端な「一応言っておきました」は?
言うならキッチリ言う、相手にしないなら全く相手にしない。
こんな公式でもない物に一々反応するから「相手は気にしている」と思って何度も繰り返すんだろが。
国連でのギャアギャア総会で北を除く全会一致で撥ね付けたんだから構うなと。
物欲しげな顔してる相手に値を下げてくる店の親父がいるかと。

やっぱこいつらは、お上品ぶった連中としか槍合ってこなかった臭いがする。
こちらも譲るから向こうも譲るという交渉事ならそれでいいが、絶対に譲れない場合は違う。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-07-26 01:54 | 小ネタ / 浅読み


<< 北京オリンピックのボイコットと...      Norimitsu Onish... >>