世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 17日

湿ったマッチ「加藤紘一」=着火もしないのに何度も擦る音だけがうるさい

時事ドットコム:「イデオロギーに支配され古い」=安倍首相の外交路線を批判-加藤氏
2007/07/17-17:02
 自民党の加藤紘一元幹事長は17日午後、都内で講演し、安倍政権の外交路線に関し、拉致問題を重視するあまり日本が6カ国協議などで取り残される恐れがあると指摘、
「安倍晋三首相と麻生太郎外相の外交感覚は、イデオロギーに支配されすぎていて古い」と痛烈に批判した。

 加藤氏は、18日からの6カ国協議首席代表会合に触れ、
「日本は拉致問題があってなかなか柔軟な対応ができないが、注意しないと取り残される。
ある日、米朝が国交樹立の方針で合意したということになったら、日本外交の立つ瀬はない
と強調。「安倍さんと麻生さんは、強いイデオロギーで外交を進めているから柔軟な道を取れない」として、北朝鮮への強硬姿勢の転換を求めた。

加藤紘一氏:拉致問題優先の安倍外交を批判 6カ国協議で-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
自民党の加藤紘一元幹事長は17日、東京都内の講演で、18日に始まる北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の政府対応について
「日本の対朝鮮半島外交は韓国とも中国とも米国とも齟齬(そご)をきたしている」と指摘、拉致問題を優先する安倍晋三首相らの対応に懸念を示した。
安倍首相と麻生太郎外相の外交路線に関しても「イデオロギーで進めており、柔軟な道がとれない」と批判した。

 加藤氏は「米国と北朝鮮が、かなりやる気でお互いに近寄っている」と述べ、近い将来、米朝の国交樹立もあり得るとの見方を示した。
また、今後、6カ国協議の主題は核問題が中心になるとの見解を示し、「日本がどう判断するかが6カ国協議のテーマになる」と語った。
【小林多美子】
毎日新聞 2007年7月17日 19時51分

山拓が恥ずかしさから引っ込むとこいつが出てくる、
まるで「ルンペンストーブ」 のようだ。

して、取り残されたらどうなるというのだろう?
米朝国交?前提条件がクリアされればありえますがね、
それをすっ飛ばして実現する、と「素人じゃないはずの外務省チャイナスクール出身で官房にも籍を置いた国会議員」が言うか?
もしアメリカがそこまでルールのない国なら、それこそ付き合いを遠くしてもいいでしょうにねぇ。
何で危惧するのかな?アメリカ依存に文句を言ってんだから、願ったり適ったりではないのだろか。


だいたい「強いリベラル」なんて意味がありそでなさそな意味不明の本がそこそこ売れているそうだが、加藤がリベラル?
(1)機会均等の教育
(2)創意工夫の農業
(3)世界的な視点を持った地方産業の育成

何かミンスのスローガンとモロ被りで上っ面なんですけどねぇ。
閉塞感の中で、現状を変えてくれそうな『英雄』に一気になびく危険な状態

それは今のあんた等の状態じゃないのか?何で自分が議席を失う事になったか考えてみ。胡散臭い金の話だけじゃないぞ。
先を見通す目を持たず、口先だけの奇麗事を言いながら、手前じゃ何一つ満足に出来ないヘタレっぷりに加え、負ける相手とばかり手を組む「逆神」だからだろが。

いまだにわからんのは、何でまだ自民にいるの?まさか山拓みたいにまだ総理総裁になれるとでも夢見てるの?

して、こいつらの言うリベラルとは何じゃろと回ってみたら、鳩山にぶつかってますます頭が痛くなった。

鳩山由紀夫ホームページ

何でこうケンカも勝負も出来ないヘタレが国防とか語ってんだろ・・・
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-07-17 23:59 | 痛い人


<< 歯医者最終報告      共産党独裁の国での右傾化に対抗... >>