世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 04日

漢字との闘い、実は脳不活性が敵

う~ん、そこらのゲームなど比べ物にならない程の難敵じゃ。
(キャラのレベルが上がらないだけなんだが)

笑われるのを覚悟で前エントリーを書いたのが5月2日の午後。

遊びと遊びの合間を見つけて挑む。
出題難易度がランダムなので出来不出来の差が大きくなるのを理解していても

書けませんなぁ 、とにかく書けませんわ。

文字は頭でなく指で覚えているものだと思っているが、指は一度忘れると中々思い出してくれませんのだ。

中高年は一度やってみ↓

[今日の漢字]1日20題の漢字トレーニング




やってみて、最初のショック(「何でこんな字が書けないんじゃあ!」)が治まり、
間違える漢字、書けない漢字にはいくつかの種類があるとわかりましたのだ。

 刷り込みが浅くて最初から記憶していない文字。

 似たような系列の中から間違えて記憶していた。
 あるいは、一部が似てるけど違う字で記憶されていた。
 
 同じく、似た系列がズラ~っと頭に浮かび、どれを選べばいいかで混乱する。

 言葉の意味から探ろうとして、別の漢字を思い浮かべてしまう。

ということで、もう何を言っても恥ずかしくないと開き直ったおじちゃんが書けなかった漢字のご紹介をば。

「会計監査」の

「何で?」と思うでしょ?ワシも思った。
上の部分はよくあるパターンなので出てきたが、さてその下だ。何か四角いのがあったはず。
「日」?隙間が多くてイメージ(記憶の残像)と違う、もっと目が詰まっていた・・・「目」?!
何となく近づいたような気もするが、こんな字があったか?「貝」だと「かしこい」だなたしか。

そこで止まってしまった、「目」以外が浮かんでこなくなってしまったのだよ。
救いは、「確実に間違っている」と自覚していた事だけ。
(横にしてみる知恵が回らなかった・・・そうすりゃもう少しだった   かなぁ)

次に、考える方向を間違えてしまったのが「渋滞」の

街の人なら渋谷でわかるのだろうか、ワシは縦列駐車の方へ行ってしまった。撃沈。
「滞」の方も最初「じゅうたいは縦に並んで待つ」から「待」と思い込んでしまった。
だがイメージが記憶の残像と違うのも確か、「滞留」という言葉がでてきてようやく「とどこおる」となった。
でも結局は撃沈。

 蝶、真珠、披露宴

こんなもんは書けなくても全く気にならないので放置。

 前例に う。

習うじゃなくて模倣の「ほう」だとはすぐわかったが出てこない、カケラも出てこない、人偏も出てこない。
「放」に人偏つけただけなのに出てこない、こういうやつが一番ダメージを与えてくれる。

 命令に く。

ん~微妙だなぁ、ワシが使うとしたら「命令に抗う」なのだが意味が違うか。
ええ、もちろん書けませんでしたよ。

後は・・・

覆す。簡単なんだけど刷り込みがし難い気がする。
で、一応書き取りなんかした後に出てきたのが覆う

そりゃねぇべよぉ~

自分でも驚いたのが「遊説」の
しんにょう、で子があって、放?違う。これは小学校だろ、遠くはないはず・・・
これしきの字で諦めてはいくら何でも情けないとオヤジ油を垂れ流すこと数分。
下手に近いものが出たせいか、修正ができず退艦命令~。自沈。

今日は泣かないつもりだったのに目に汗が溜まる・・・

で、数日分を跨いで40問程奮闘努力したわけだが結果は、  うわぁ~~26問正解ってアンタ・・・
(あら違った、紙がもう一枚あったわん。んと、10問正解が加わって計60問中36問正解・・・
 って、余計に正解率下がったんじゃないの?)

次は今日より前に進めるという予感が全くしないんだが。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-05-04 20:15 | 小ネタ / 浅読み


<< ちょっと古い記事を保存      親日派財産没収の件は書きません >>