2007年 04月 13日

ニュース備忘録070413

北 “南のメデイア 拉北者の表現使うなら会談は無理”

温家宝首相が創価学会の池田大作名誉会長と会談
中国の温家宝(ウェン・チア・パオ)首相は12日、創価学会の池田大作名誉会長と東京都内のホテルで会談し、日中関係について意見交換した。

約30分の会談のうち冒頭5分間が報道陣に公開された。池田氏がこうした形で要人との会談を公にするのは異例だ。

 池田氏は「閣下、光栄です。うれしいです。政治家でなくて庶民の王者と会ってください。庶民は大事です」と話しながら首相と握手。首相の国会演説を「不滅の名演説だった」とたたえた上で、「氷を溶かす旅は大成功」と評価した。

 首相は「慈航創新路 和諧結良縁」(慈悲をもって新しい航路を開く。調和をもって良縁を結ぶ)との自筆の書を池田氏に贈呈するなど、和やかな雰囲気だった。

 創価学会によると、会談は中国側からの強い申し入れで実現したという。

公明党幹部は中国側の意図を「安倍首相の靖国神社参拝に反対する創価学会の最高指導者に会うことで、安倍首相にクギを刺す狙いがあったのでは」と見る。

 一方、創価学会側は会談公開の理由を「日中関係改善に向け役割を果たしていることを、国民に理解してもらいたかった」と説明しており、双方の利害が一致したようだ。


「慰安婦」問題で日本は謝罪せよーーアメリカの侮日派の糾弾 2007/03/03 13:49

■唸声米国/慰安婦問題で加瀬氏寄稿を掲載 米ニューズウィーク 2007/04/01 00:32

イノウエ議員、慰安婦問題で「終止符を」…対日非難決議案反対を再び主張
【ロサンゼルス=松尾理也】
米下院に提出された慰安婦問題の対日非難決議案について不採択を求める書簡を関係先に送っていた日系米国人のダニエル・イノウエ上院議員(ハワイ州選出、民主党)が今度はシアトルのワシントン大での講演で

「日本の指導者はすでに数回にわたって謝罪している。外交の観点からは、こういった問題にはいつか終止符が打たれる必要がある」と述べていたことが分かった。

 講演は今月2日、行われた。同議員が、改めて決議案反対の姿勢を明確に打ち出したことは今後、採択の行方にも影響しそうだ。

 同議員は、米国によるハワイ併合をめぐって先住民に対する謝罪決議が米議会で採択された過去にも言及し、

「今日、ハワイに独立や王制復活を望む人はほとんどいない」と、歴史問題にピリオドを打つ重要性を強調した。

戦後一貫して日米関係を見つめてきた同議員は「日米関係はきれいに舗装されたハイウェイのようなものだと思ってはならない」と警告。
良好な関係維持のためには両国がたゆまず努力して行くことが重要だと指摘した。


外貨準備高、1兆2000億ドルを突破 - 中国
(為替はまったくわからんが、ドル安だと目減りするってことでいいのかな?)
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-13 21:30 | 小ネタ / 浅読み


<< 皆さんが書いてる事を文の下手っ...      ニュース備忘録070411 >>