世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 10日

「宿題提出しなければ留年」で女子学生が自殺、高崎経済大准教授を懲戒免職

何で?詳細がわからんので上っ面だが記事二本によると。

毎日:高崎経済大:准教授を懲戒免職 ゼミ女子学生の自殺で
 高崎経済大学(群馬県高崎市)は9日、
指導方法に問題があり、ゼミ生の経済学部2年の女子学生(当時20歳)を自殺に追い込んだとして、
同学部の男性准教授(38)を懲戒免職処分とした。

学生の自殺を理由に教員が懲戒免職処分を受けるのは異例という。
また、管理責任者の木暮至学長を減給10%(2カ月)、石井伸男経済学部長を同(1カ月)とした。

 大学によると、准教授は昨年6月、ゼミ生に夏季の宿題として高度な課題を課し、
女子学生は一部を提出していなかった。

准教授は12月、
未提出の3人に「提出しなければ留年」などとメールを送信。
期限の1月15日夕、
未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送った。

女子学生は「留年すると分かっています。人生もやめます」と返信。同夜、同県みどり市の渡良瀬川に投身自殺した。

 大学の調査委員会はゼミ生や他の教員からの事情聴取で、
宿題が2年生としては難解
で留年通告が女子学生を自殺に追いやったと結論付けた。

また、准教授は他の学生に度を越したセクハラ発言などの暴言があったという。
准教授は「間違ったことはしていない」と反論しているという。【伊澤拓也】


iza:「宿題提出しなければ留年」で女子学生が自殺 通告の大学教授を免職
群馬県の高崎市立高崎経済大は9日、
宿題をめぐる強圧的指導で、経済学部2年生だった女子学生=当時(20)=を自殺に追いやったとして、
同学部の男性准教授(38)を9日付で懲戒免職処分にした、と発表した。

 同大によると、准教授は2006年度後期、2年生のゼミナール「基礎演習」を担当。
昨年7月ごろ、受講した3人の学生に
日本経済新聞の社説の要約や経済学の演習問題計5題を宿題として課した。

 准教授は女子学生に対し「提出が遅れれば、留年させる」とメールで通告したことがあったという。

 提出期限の今年1月15日になっても女子学生は宿題のすべてを提出することができず、同日午後7時45分ごろ、群馬県みどり市の渡良瀬川に入水自殺した。
自殺直前、准教授にメールで「留年することは分かっています。人生もやめます」と伝えていた。

 准教授や同級生らから事情を聴いていた同大調査委員会は
「自殺の一要因に准教授の留年通告がある」と断定。

「宿題を提出しなければ留年というのは強圧的で教育としてまともなものとは言えない。

女子学生の両親に対する謝罪もなく、教師としての適格性に問題がある」としている。


 准教授は「間違ったことはしていない。自分のほかにも、自殺の要因があるのではないか」と述べているという。



ん~?何か違和感が残るなぁ。




だが哀しいことにワシは大学というものを知らないので、
日本経済新聞の社説の要約や経済学の演習問題計5題

というのが二年生にとって難解で高度すぎるのかどうかがわからん。
よってこの部分はパス。

「宿題を提出しなければ留年」
これについて何か問題あるんか?
あるとするなら「課題の一部未提出で留年」が妥当かどうか、脅しで留年を使う是非、か。
(でも、まさか他は全て完璧で一つの課題だけできないなんて事はないと思うのだが・・・)

「宿題を提出しなければ留年というのは強圧的で教育としてまともなものとは言えない」
はぁ?
これは宿題を出す事自体を否定しているのか、それとも出すのは良いが成績に反映させ進級の判断に使うことを否定しているのかに?
(金さえ払っていればところてんで押し出すとも聞こえるのは僻みだろうか)

「未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送った」
これは微妙だな、
一人に対して嫌がらせをしたとも取れるし、人一倍出来が悪いとか未提出課題の前科があるとかの事情があったとも取れる。

「他の学生に度を越したセクハラ発言などの暴言」
心象は悪くなるが、この件と直接の関係があるかは怪しい。

「女子学生の両親に対する謝罪もなく、教師としての適格性に問題がある」
そりゃ本人に自殺に追い込んだと言う認識がないのだから当然だわな。

この准教授の人格がどうなのかは知らん。
(教授、助教授、講師は知ってるが准教授というのは知らんかったな、助教授とどっちが上なのだ?
ぐ、ぐ、軍隊でいうと、ど、ど、どれくらいなのかな?)
が、記事だけから見ると(一番危険な行為)、「友達にはしたくない人物フォルダ」に入るだろう。

また、この自殺した学生にまったく同情の念が湧かないのも正直な感想である。

そして最も気に食わないのは、他人事のように扱い尻尾切りで済ませようとしている
ような印象をワシに与えた高崎経済大の態度である。

結論:死んだら負け
これだけははっきりしてる。
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-04-10 10:12


<< 捕虜体験談で金を稼いではいけない?      追うまいにゅーす・・・何がやり... >>