世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 10日

不祥事が元で始まった「ジャーナリスト宣言」を、不祥事が原因で自粛する矛盾


朝日の場合日常・定期的に不祥事が起きるので、これだと実質「ジャーナリスト宣言取りやめ」になるのではないだろか?
つか、宣言以降に起きた事件の中には「朴李」よりはるかに重大な犯罪(社長の息子)もあったのに自粛しなかったわけだが。

毎日:朝日新聞:「ジャーナリスト宣言」の広告自粛 記事盗用で
 元写真記者による記事盗用問題を受け、朝日新聞社は、昨年1月からテレビCMや駅広告などで展開してきた「ジャーナリスト宣言。」と題した広告キャンペーンを自粛した。同社によると、社員の不祥事による広告自粛は初めてだという。



 このキャンペーンは、05年に取材内容の漏えいなど社員の不祥事が相次いだことから、「ジャーナリズムの原点に立ち、真実を追求する姿勢をなおいっそう強めていく」(広報部)としてスタート。テレビやラジオのほか、駅のホームなどで広告活動を展開していた。

 同社広報部は「報道機関として広告自粛が妥当と考えた」と話している。

読売:「ジャーナリスト宣言。」広告、朝日新聞が自粛
 朝日新聞社は、写真記者(46)(諭旨解雇)の記事盗用問題を受け、「ジャーナリスト宣言。」と題した企業イメージの向上を図る広告キャンペーンを自粛した。

 社内の不祥事による広告自粛は同社で初めてという。

 同社によると、このキャンペーンは昨年1月に始まり、テレビ、ラジオでCMを放映したり、新聞、雑誌、公共交通機関に広告を出したりした。

 しかし、1月31日に写真記者が読売新聞の記事を盗用していたことが発覚したため、今月1日夜からすべてのキャンペーン広告を取りやめた。

 同社広報部は、自粛の理由について「今回の事態を重く受け止めたということに尽きる」と説明している。


しかし、宣言によって「自称ジャーナリスト」だと強弁してきた(←これからして自信のなさの表れ)のが、その自称すら自粛してしまったらどうなるんだ?

「自他共に認めないジャーナリズム宣言」でもする?

だがしかし、講談社にだけは言われたくないらしい。
asahi.com:フライデー記事めぐり本社が講談社に抗議書
 朝日新聞の記事をめぐり、週刊誌FRIDAY(2月23日号)が「本誌『増元家族会事務局長結婚記事』をパクった朝日新聞」と報じたことに対し、本社は8日、同誌を発行する講談社に抗議書を送った。「重大な事実誤認があり、本社の名誉を著しく傷つけた」とし、訂正・謝罪記事の掲載を求めている。

 本社は1日付夕刊などで、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の増元照明事務局長が近く結婚する意向を明らかにしたとの記事を載せた。同誌は翌2日発売の16日号でこの事実を報じ、23日号の記事で「本誌の取材動向を聞きつけ、発売前に記事にした可能性が極めて高い。これは立派な“パクリ”ではないか」と決めつけた。

 本社は同誌の質問に対し、記者が独自の取材源から取材したことを回答していた。抗議書は「あたかも記事を盗用したかのような印象を読者に与えることは到底看過できない」としている。


正に、目糞鼻糞の争い・・・
[PR]

by jsdf1100411 | 2007-02-10 00:47


<< 何でせう?      中国、衛星『妨害』兵器実用化 >>