2010年 12月 03日

今年も猫爺ちゃんの命日が来たのだ

つまり、まだワシは生きていてこの日を記憶していたという事なんだな。

四年前
2004年12月3日
二年前
今日は猫爺さんの命日なのだす

一年飛ばしなのは意図したわけではなく、忘れてはいないが取り立てて何か書く事が思いつかなかった。
という事にしておこう・・・

この六年、何かあっただろうか。
これと言って思い出せないのは、さほど大したことはなかったのだろう。
[PR]

by jsdf1100411 | 2010-12-03 23:03 | 犬猫


<< さて、親が死んで一人ぼっちにな...      義を見てせざるは勇なきなり:憂... >>