世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 18日

悩むのに疲れて妥協:リスク回避で小さいテレビ購入

かなり長い時間、脂汗流してうなっていたんだなぁ・・・
2chのスレでも同意を得たが、人生でこんなに家電ごときで悩んだ事はなかった。
逆に言うと、これしきの事を悩むと言うのは、人間が小さい証拠でもあるなと・・・




んで当初は、限界予算10万で40インチ前後で蛍光管の型落ちが値下がりするのを狙っていた。
しかし量販店に足しげく通ううちに、液晶テレビ(というかデジタル)ってのはまだまだこっちが予想していたよりはかなり低いレベルにあるんだなとわかってきて、勝負に出る気が失せてきた。

何倍速だろうが何々エンジンだろうが、動きに対してはやはり弱く画像の輪郭もガタガタで滑らかさに欠ける印象。
これをまた何とか技術で補正しましたと言うのを見ると、今度は輪郭線がクレヨンで書いたようなぼや~っと感になる。

その不満をカバーできるのはプラズマと言う事になるが、液晶がメインのご時勢ではタマ数が少なく価格も(印象とは違ってそれほどの差はなくなってるが、やや)高めで、
貧乏人にとって最大のネックである電力消費量から断念せざるを得なかった。

仮に、限界予算を多少超えれば要求性能に見合う品があるというのなら、別の話で悩む事になったのだろうがそうでもなさそう。

となると、半端に妥協して大後悔するよりも思いっきり要求レベルを下げて、それに見合うそれなりの対価を後悔した方が傷は浅いだろうと考えるのがビンボ黒帯。
買わなければ対価の支出はないとなるが、何れ買わなければならないのだから問題は決断する時期であり、
自分なりに考えた結果、購入するなら今だろうと判断。

で結論はと言うと、AQUOS LC-26DE7を、ネットではなく高いのがわかっている田舎の量販店で購入。
処分価格値引き不可の¥56,000(配送無料、五年補償込み)

昔ならこういう物であってもダメ元で交渉してたんだが、歳をとったのと悩み疲れのせいか時間をかけて人間とやりあう気力がなかった。

なので同時に、PC用USB地デジチューナーを買うのを条件に短期決戦。
本当は、テレビ購入のエコポイントを使ってネットで買おうかなと思っていたんだが、やはり疲れのせいか変な勢いがついてしまった。
問題は、田舎の店に置いてあるのは売れ筋とは関係のない物が二種類しかなかった点。しかも下調べしてなかったので何が良くて何が悪いかの最低限メモすらない。

IODATA GV-MVP/HZ2W
(買って帰り接続する前に↑見て腰抜けた・・・ここまでボロカスに言われてる国内商品も珍しいのではないかと)
これが表示価格¥14,800だったかな?セットで¥70,800を、¥55,000+¥13,000の計¥68,000

決して良い買い物ではなかった。が、配送と補償に加え、何かがあったときの対処がしやすいという点を考慮すると、近場で買ったのは間違いではなかったと自分を慰める。
(液晶テレビは5年以内に必ずトラブルが起きると確信しているので)

これで数年様子を見て、要求期待に応える機種が出てくるのを待とうかなと。

ちなみに、あまりの酷評に気が遠くなった地デジチューナー「GV-MVP/HZ2W」ですが、幸いな事にまったく使えないという最悪は回避できたようです。
ただ、メモリ消費が250MBなのとCPUが25%ぐらい食われてファンがうるさくなるのが難点。
(今までがワンセグだったので比較にもなりませんがね)
ちょっと見て、ちょこっと録画してという使い方をする分にはまぁいいかと。一応Wチューナーですし。
ただ視聴ソフトはどうなのかなぁ、ソフトの更新時はドライバーも含め上書きで済まないのも面倒臭い。
ワシの使用モニタはアナログでHD対応じゃないから画質などはどうでもいい話。

でも、画面の真ん中を横切るように線が入ってるのはダメでしょうがと、まるで二枚のガラスを上下につないだよう。
マシンの性能かなぁやっぱ・・・オンボじゃダメかなぁ・・・ますますお金なくなってるのに・・・

でもまぁ、これで我が家のテレビもPCも地デジ化完了なのだ。エコエコ詐欺と地デジ詐欺にやられただけなんだけど・・・

あれ?自分の意思でお金使って自分が欲しいと思った物を買っただけなのに、何故か泣きたくなるような気分になってるのは何でだろう。

きっとテレビがまだ家に着いてないからだな、うん、そう思うことにしよう。まだ予算の残りはある。
[PR]

by jsdf1100411 | 2010-09-18 17:47 | 小ネタ / 浅読み


<< 義を見てせざるは勇なきなり:憂...      金もないのにテレビ選びに苦しん... >>