世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 13日

不適切なのは中澤剛一佐か防衛相か総理か

全面的に中澤剛一佐を支持させていただきます。
たとえ彼の人物像がどんな糞ったれであったとしても、この発言は武官として至極真っ当なものであります。

そもそも、総理の見解と真逆の事を平気で放言している閣僚がゾロゾロいる不一致当然内閣に、何を言う資格があるのかと。
北澤本人も、グアム移転で墓穴を掘っているくせに。

NHKニュース “自衛官発言不適切 処分も”
北澤防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、10日、陸上自衛隊の幹部自衛官が
「日米の同盟関係は、信頼してくれなどということばだけで維持されるものではない」
と述べたことについて、不適切な発言だとして、今後、処分を含めた対応を検討する考えを示しました。

鳩山総理大臣が去年の日米首脳会談でオバマ大統領に「私を信頼して」と伝えたことについて、
10日、宮城県で行われたアメリカ陸軍との共同訓練の開始式で、陸上自衛隊の中澤剛1等陸佐は

「同盟というものは、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などということばだけで維持されるものではない」

と述べました。これについて、北澤防衛大臣は記者会見で

「総理大臣という自衛隊の最高指揮官のことばを引き合いに出し、現場の自衛官が政治や外交という高度な問題に言及している」

と述べ、発言は不適切だったという認識を示しました。そのうえで北澤大臣は

「シビリアン・コントロールの観点から発言をきちんと整理する必要がある。何らかの処置をしなければならない」

と述べ、今後、処分を含めた対応を検討する考えを示しました


北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で - MSN産経ニュース
北沢俊美防衛相は12日午前の記者会見で、陸上自衛隊第44普通科連隊の隊長が

「『信頼してくれ』という言葉だけで(日米同盟は)維持できない」

と発言したことを受け、この陸自幹部の処分を含めて対応を検討していることを明らかにした。陸自に対し詳細な事実関係を調査し、報告するよう指示している。

 北沢氏は「(自衛隊の)最高指揮官の言葉を引き合いに出していることから、何らかの処置をするつもりだ」と指摘。
さらに「意図がなくても、国家意思にかかわることを指揮官として公式にいうことに対する規律の問題など、シビリアンコントロールの観点から、きちっと整理する必要がある」と強調した。

 鳩山由紀夫首相が昨年11月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、オバマ米大統領に「トラスト・ミー(わたしを信じて)」と述べたことが国内外で批判を受けた。

陸自幹部は「首相の発言を引用したり、批判したわけではない」

とコメントしているが、北沢氏は首相の発言が念頭にあったと断定した。

 陸自幹部の発言は10日、宮城県の陸自王城寺原演習場で始まった米陸軍との共同訓練開始式での訓示の中でのこと


中澤一佐は、自分の武官としての信念を述べたわけであり、また総理の発言を引き合いに出したわけではないと明言しております。
それが嘘か本当かは、本人の内心にのみあるわけで、それを(不可能ながら)確かめもせずに、
「最高指揮官の言葉を引き合いに出している」と判断したのは、大臣による根拠のない勝手な思い込みであります。

証拠もなく人事権を濫用して処分するとなれば、いわゆる「パワハラ」と言うことになります。

「意図がなくても、国家意思にかかわることを指揮官として公式にいうことに対する規律の問題など、シビリアンコントロールの観点から、きちっと整理する必要がある」

国家意思に関わる?一佐の発言は

「同盟というものは、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などということばだけで維持されるものではない」

です。これは訓練に赴く際の訓示なので、当然自衛隊員と米軍兵士の間の信頼関係構築についての発言です。
政治と軍事では、信頼構築の手法が違うと言っているのです。当然で正論です。
政治ならトップ同士の口約束も約束になります。法的根拠がなくても村山談話や河野談話、非核三原則などには一定の価値を見出しています。

しかし、軍事でそれはありません。片方が困っている場合に助けに行く最悪のケースでは、自分の命も危うくなるのです。
政治は死にません。

だから、自分の命をかけるに値する何かを共有していないと、信頼関係は持てないのです。

どちらかというと、政治家が同盟なんてのを軽く使ってるから勘違いするのです、日米同盟とは軍事同盟です。
政治や経済で日米間に同盟がありますか?オバマとゆっきーは同盟関係にありますか?

どうせ言ってみたかっただけなんでしょう北澤は。自衛隊を悪者にして、自分たちは軍靴の暴走を抑えてるんだと左巻きに見せたかったのでしょう。

追い込まれた無能がよくやりがちな、セコい自己顕示です。普天間が、どう考えても八方丸く治めるのが無理だから・・・

みっともない末期症状です。逆に一佐がここで

「友愛精神を敵にも持ち、敵味方双方が納得できる解決策を、戦闘を回避して皆で話し合おう」

なんて訓示したらどうしましょう?

と言うことで、東亜黙示録もエントリー出しました、詳細はこちらへ

防衛相の同盟破壊クーデター…私怨による1等陸左処罰 東アジア黙示録
[PR]

by jsdf1100411 | 2010-02-13 00:13


<< 20年ぶりぐらいに同級生に会っ...      いまどきエロ米で釣れるのだろうか?2 >>