世の中思い通りにはならんのだ

muyo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 30日

五十肩

痛いのよ、とっても・・・

昔は四十肩って言ってたのになぁ。
それだと年相応なんだけど、五十となると自分だけ老化が速いように言われてる気がしてヤダな





何年か前に左がなったんだけど、その時は大したことなかったように思う。記憶に残らない程度なんだからそうなんだろう。利き手じゃなかったせいもあるだろうけど。

しかし今回の右は、とにかく痛い。引き戸を開けるような動き(軽い窓程度)で、動けなくなってうずくまるしかなくなる。

痛みの種類としては、瞬間的な激痛ではない。鈍くて重い、経験したことはないが半分脱臼しかけた関節が、「これ以上動かすとはずれますよ」と教えているような痛み・・・よけいにわかりにくいか。
とにかく重い痛みが動きを止めた後も長く余韻を残す。動かした方向が悪かったのかと、下を向いて腕をぶらーんとさせてもダメ。十秒かそれ以上なのかさえわからないまま、叫びではなく唸りを堪えながら待つしかない。

腕を前から上げる動き(高飛び込みの姿勢ですね)で痛みが出るようなことを聞いたが、それもあるものの、真横や後の方への動きが厳しい。

また、体を開く動きだけではなく閉じる方向でもエラいことになる。横向きになって痛めてる方を下にして寝てると、どうしても腕が絞られた形になる。目が覚めているなら前もって姿勢を考えるが、意識がないうちにこの格好になってしまう。

割と痛みには強い方だと思ってるワシが、夜中に痛みで起き上がる。もしかしたら唸り声出してるかもしれない。

ちっちゃいことは気にしないが、ワカチコワカチコは無理だ。
[PR]

by jsdf1100411 | 2009-09-30 16:23 | 痛い人


<< インドメタシンとフェルビナクは      もうすぐ7が出るのに、今頃vi... >>